ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-22 12:59:03
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2022年08月30日 12:20
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北韓の人権侵害を調査・記録
コリアフューチャーが都内でデータ報告会

データの説明をするコリアフューチャーのメンバー
 北韓における人権侵害の調査・記録を行っている非政府・非営利団体のコリアフューチャー(ユ・スヨン、カン・ヘジュ共同代表)は24日、都内で「北朝鮮拘禁施設データベース(NKPD:North Korea Prison Database)」のブリーフィングを行った。
この調査は、2021年3~11月に韓国を拠点とする北朝鮮亡命者に対して実施した259回の直接インタビューを通して行われた。その分析結果に基づき、148カ所の拘禁施設、5000件を超える人権に関する国際法違反、785人の収監者、597人の加害者の存在を報告書としてまとめたものだ。
報告書には、地域ごとの拘禁施設数や施設の分類をはじめ、穏城郡MPS拘置所や全巨里再教育キャンプ、咸鏡北道MSS拘置所などで実際に行われた体験談などがまとめられている。また、人権侵害については健康の否定、自由剥奪、拷問および残虐行為、非人道的または品位を傷つける扱い、強制労働、性的暴力など11項目がどのように行われているかに関する調査結果も発表された。加害者側の性別、身元、年齢、所属なども含め、多方面にわたるデータがグラフなどに可視化されている。
コリアフューチャーはソウル、ロンドン、ハーグに拠点を置いて活動中だ。活動内容・連絡方法などは公式ホームページ(https://koreafuture.org/)で。

2022-08-31 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第15回 政治の舞台
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
観客を魅了する魂の踊り
【社説】大韓民国は北韓解放のためにも...
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません