ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-08 09:56:54
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2022年06月21日 13:11
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
保守派の抵抗を招くか
不正選挙の究明を放棄する尹政権

一昨年の4・15総選挙に対する調査と裁判の進行を要求してきた「4・15国闘本」「不防隊」などの忍耐が限界点に達している。尹政権が、中央選挙管理委員会の専横を放置した今回の地方選挙(1日)でも、数多くの不正が行われたことが確認された。
与党が勝利した多数の選挙区でも事前投票ではほとんど例外なく野党が勝利していた。一昨年の総選挙時のコンピュータ開票操作、事前投票紙が新札のような偽投票紙などが今回も現れた。康容碩弁護士は京畿道知事選挙に対する選挙無効訴訟を提起した。
尹大統領が中央選挙管理委員長に任命した盧泰嶽大法官は、人事聴聞会での回答で、4・15総選挙の開票過程で発見された数多くの偽投票紙を単純過失と強弁した。新任中央選管委員長の盧泰嶽と選管委の態度から見て今後、選挙管理が公正に行われ、選挙無効訴訟の裁判が迅速・公正に進行される可能性は極めて低い。
選挙結果が統計学的にあり得ない数値で、再検票を要求、再検票の過程で数多くの不正投票紙が発見され鑑定を要求したが黙殺され、不正投票紙に偽の判子を捺した選挙関係者の証言を要求するや、選管委は証人出席を妨げてきた。
かろうじて出席した証人たちは、自分たちは「日の丸」判子を捺した事もなく、見たこともなく、聞いたこともないと証言した。これ以上、不正を証明するために何が必要なのか。尹錫悦大統領は、詐欺・不正選挙を主導してきた勢力と野合、あるいは放置し、保守右派の抵抗を自ら招くのか。公正選挙争取運動をしてきた市民らは6月10日頃を忍耐の限界として宣言してきた。

2022-06-22 0面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
反逆勢力との闘争で押される与党
「脱北漁師の強制送還」事件の真相 前...
西欧の自滅、文明史の流れが変わるか
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません