ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-08 09:56:54
Untitled Document
ホーム > ニュース
2022年06月13日 06:02
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
民団中央が金正恩書簡に対する談話文を発表
朝総連全体大会で「朝総連は民団と共同行動せよ」

 民団中央本部は、5月28日に開催された在日朝鮮人総連合会(朝総連)第25回全体大会で金正恩総書記から寄せられた書簡に対する談話文を発表した。
金正恩総書記は同書簡で「総連は『民団』をはじめ組織外の同胞との民族団結事業を強化して統一愛国勢力を一層拡大し、彼らとの共同行動、共同闘争を活発にしなければならない」と指示した。今回の談話文はそれを受けてのもの。

談話文


朝総連の第25回全体大会が去る5月28日開催され、会場で北韓指導者が送った書簡が読み上げられ、《伝達》されたという。

その書簡は、祖国統一は最も重大な愛国事業と強調し、朝総連に対し次のように強く指示している。

「総連は、民族大団結の旗印の下で『民団』をはじめ組織外の同胞との民族団結事業を強化して統一愛国勢力を一層拡大し、彼らとの共同行動、共同闘争を活発にしなければならない」

つまり、北韓のチュチェ(主体)思想のもとに民団を引き入れ、共同行動することによって、統一愛国勢力を拡大せよ、という指令である。

ここに本団の名が出てきたのは何故か。2006年に朝総連の考え方に近い人士により本団と朝総連を一体化しようとした「5.17事態」が起こった。同胞社会や日本社会から多くの批判が出て、阻止した経緯がある。昨年以来、嘘と誹謗中傷を繰り返し、本団に混乱をもたらした要因にも留意する必要がある。

本団は、朝総連が北韓の体制と思想に盲従することから早く脱却し、在日同胞のための真の民間組織として再生するよう再三望んできた。体制維持のために朝総連に対し絶対服従を強制するこの書簡が、朝総連の大会で《綱領的》に貫徹することが決議されたことは、時代錯誤も甚だしいものである。

朝総連は、北東アジアの平和と同胞の安寧を真に願うのであれば、北韓の核ミサイル開発の中止を求め、日本人拉致被害者問題の誠意ある解決と、北送された93,340名の同胞家族の安否確認と自由往来を求めるべきである。また、朝鮮学校は偏ったチュチェ思想教育ではなく、真の民族教育と国際化教育を行う学校に変革すべきである。

本団の全国の各級組織幹部、団員同胞は、北韓の誤った思想と民族観、その独裁と抑圧、それに盲従する朝総連の策動に煽動され騙されることなく、自由と民主主義を守り、在日同胞の生活と権益を守って行きましょう。本団は、在日同胞社会と日本社会の理解と共感が得られる朝総連であるなら、いつでも胸襟を開いて対応するものである。

2022年 6月10日
在日本大韓民国民団中央本部
団 長  呂  健  二

뉴스스크랩하기
ニュースセクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
反逆勢力との闘争で押される与党
「脱北漁師の強制送還」事件の真相 前...
西欧の自滅、文明史の流れが変わるか
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません