ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-28 12:33:20
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2022年05月17日 11:26
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
解説 尹錫悦大統領 就任辞
「自由、人権、公正、連帯」の価値を基盤に国民が主人の国へ

解説

 尹錫悦大統領は、就任辞を通じ、憲法から自由を除去しようとした親中・全体主義政権から自由主義を宣言する政権へ変わったことを宣言。大韓民国を自由民主主義と市場経済体制を基盤とする共和国へ再建し、自由と人権の価値を尊重する国際社会と連帯を宣言した。普遍的な価値、倫理や哲学の講義で慣れてきた言葉が就任辞を貫いた。科学、技術、創意が強調され、韓国社会が左硬化の過程でよく使われた、民族、分配、統合、統一、正義などは登場しなかった。
韓国社会の葛藤と退歩の原因を、「反知性主義」と規定。自由民主主義体制での妥協と調整の基準は科学と真実であり、合理主義と知性主義が尊重されるべきだと明言した。反知性主義の大義はもはや誰も否定できない。保守右派国民の立場から見れば、尹大統領は反知性主義・野蛮との闘争を宣言した。問題は、何が反知性主義なのかを具体的に規定し、どう克服するかが反知性主義との闘争の焦点となる。「ロウソク暴乱」こそ、反知性主義の暴走の象徴で、李在明を大統領候補にしたのは反知性主義の極致だ。全体主義勢力が最も恐れる自由を強調。自由の価値を正しく認識し、自由の価値を再発見しなければならないと宣言。自由の拡大、自由世界との連帯を強調した。一時的に戦争を回避する平和ではなく、自由と繁栄の花を咲かせる持続可能な平和を追求すると宣言した。「ある人の自由が蹂躙され、自由市民になるために必要な条件を満たさないと、すべての自由市民は連帯して助けなければなりません」という宣言は、統一という用語は使わなかったものの、北韓解放宣言としても受け止められる。
就任辞は、国民との約束だ。国民と歴史が尹大統領を見守る。

尹錫悦大統領 就任辞全文

 尊敬し愛する国民の皆さん、750万人の在外同胞の皆さん、そして自由を愛する世界市民の皆さん。
私は、この国を自由民主主義と市場経済体制を基盤として国民が真の主人である国に再建し、国際社会で責任と役割を果たす国としなければならない時代的使命を持って、今日この場に立ちました。
歴史的な場に同席してくださった国民の皆さんに感謝します。
文在寅前大統領、朴槿惠元大統領、ハリマ・ヤコブ・シンガポール大統領、フォスタンアルシャンジュ・トゥアデラ中央アフリカ大統領、王岐山中国国家副主席、メガワティ・スカルノプトリ元インドネシア大統領、ハリス米副大統領の夫君ダグラス・エムホフ氏、ジョージ・フューリ・カナダ上院議長、林芳正日本外相をはじめとした世界各国の祝賀使節と国内外の貴賓の皆さんにも深く感謝します。
この場を借りて、去る2年間、新型コロナウイルスのパンデミックを克服する過程で、大きな苦痛を耐え抜いた国民の皆さんに敬意を表します。そして献身してくれた医療陣の皆さんにも深く感謝します。

<反知性主義が対立を招く>

尊敬する国民の皆さん、世界市民の皆さん。いま全世界はパンデミックの危機、貿易秩序の変化やサプライチェーン(供給網)の再編、気候変動、食糧とエネルギー危機、紛争の平和的解決の後退など、一つの国が独自に、または数カ国だけが参加して解決することが難しい難題に直面しています。多様な危機が複合的に人類社会に暗い影を落としています。また、わが国をはじめとする多くの国々で国内的に超低成長と大規模失業、二極化の深刻化や多様な社会的対立により共同体の結束力が揺らぎ、瓦解しています。
一方、こうした問題を解決すべき政治は、いわゆる民主主義の危機により、きちんと機能を果たせていません。最も大きな原因として指摘されるのが、まさに”反知性主義”です。
見解が異なる人々が互いの立場を調整し妥協するためには、科学と真実が前提とならなければなりません。それが民主主義を支える合理主義と知性主義です。
国家間、国家内部の行き過ぎた集団的対立により真実が歪曲され、各自が見聞きしたい事実だけを選択したり、多数の力で相手の意見を抑圧したりする反知性主義が民主主義を危機に陥れ、民主主義に対する信頼を損ねています。こうした状況が、われわれが直面している問題の解決を一層難しくしています。しかし、われわれは成し遂げることができます。歴史を振り返れば、国民は多くの危機に陥りましたが、そのたびに全国民が力を合わせ、賢明に勇気を持って克服してきました。
私はこの瞬間、こうした危機を克服する責任を与えられたことを、ありがたい気持ちで受け入れ、偉大な国民と共に堂々と乗り越えていけると確信します。また世界の市民と力を合わせ、国内外の危機と難題を解決していけると信じています。

<自由を守るために>

尊敬する国民の皆さん、世界市民の皆さん。私はこの困難を解決するために、われわれが普遍的価値を共有することが非常に重要だと考えます。
それはすなわち「自由」です。われわれは自由の価値をしっかりと、そして正確に認識しなければなりません。自由の価値を再発見しなければなりません。
人類史を振り返れば、自由な政治的権利、自由な市場が息づいていた場所は常に繁栄と豊かさが花開いています。繁栄と豊かさ、経済的成長は、まさに自由の拡大です。
自由は普遍的価値です。社会の全ての構成員が自由市民にならなければなりません。ある個人の自由が侵害されるのを放置すれば、共同体の構成員全員の自由が脅かされます。
自由は決して勝者総取りではありません。自由市民となるためには一定の水準の経済的基礎、そして公正な教育と文化へのアクセスが保証されなければなりません。それなくして自由市民とは言えません。
ある人の自由が踏みにじられたり、自由市民となるのに必要な条件が満たされなかったりすれば、全ての自由市民は連帯して助けなければなりません。
そして個別国家だけでなく、国際的にも飢餓や貧困、公権力と軍事力による不法行為で個人の自由が侵害され、自由市民としての尊厳ある生活が維持できなければ、全ての世界市民が自由市民として連帯して助けなければなりません。
皆が自由市民となるためには、公正な規則を守らなければならず、連帯と博愛の精神を持たなければなりません。

<科学と技術、革新で経済成長を実現>

尊敬する国民の皆さん。国内問題に目を向け、私が重要と考える方向について申し上げます。
わが国では行き過ぎた二極化と社会の対立が自由と民主主義を脅かすだけでなく、社会発展の足を引っ張っています。私はこの問題は跳躍と急速な経済成長を実現しなければ解決が難しいと考えます。
急速な成長過程で多くの国民が新たな機会を見つけることができ、社会の流動性を高めることで二極化と対立の根源を除去することができます。
跳躍と急速な成長は科学と技術、そして革新によってのみ実現することができます。科学と技術、そして革新は、われわれの自由民主主義を守り、われわれの自由を拡大し、われわれの尊厳ある生活を持続可能にします。
科学と技術、そして革新は、わが国だけの努力では達成できません。自由と創意を尊重することで科学技術の進歩と革新を成し遂げた多くの国々と協力し、連帯しなければなりません。

<北韓の非核化>

尊敬する国民の皆さん、世界市民の皆さん。自由民主主義は平和をつくり出し、平和は自由を守ってくれるのです。そして平和は、自由と人権の価値を尊重する国際社会との連帯によって保障されます。
一時的に戦争を回避する脆弱な平和ではなく、自由と繁栄が花咲く持続可能な平和を追求しなければなりません。全世界のどこも自由と平和に対する脅威から自由ではありません。いま韓半島と北東アジアの平和も同じです。
私は韓半島のみならずアジアと世界の平和を脅かす北韓の核開発についても、平和的解決のために対話の扉を開けておきます。
そして北韓が核開発を中断し、実質的な非核化に転じるのであれば、国際社会と協力して北韓の経済と住民の生活を画期的に改善させる大胆な計画を準備します。
北韓の非核化は韓半島に持続可能な平和をもたらすだけでなく、アジアと全世界の平和と繁栄にも大きく貢献するでしょう。

<グローバルリーダー国家として>

愛し尊敬する国民の皆さん。現在、われわれは世界10位クラスの経済大国グループに入っています。従って、われわれは自由と人権の価値に基づく普遍的な国際規範を積極的に支持し守る上で、グローバルリーダー国家としての姿勢を持たなければなりません。
われわれだけでなく世界市民全員の自由と人権を守り拡大する上で、一層主動的な役割を果たさなければならない。国際社会も韓国に、より大きな役割を期待しているのは明らかです。
いま、わが国は国内問題と国際問題を分離することはできません。国際社会がわれわれに期待する役割を主動的に遂行する時、国内問題も正しい解決方向を見いだすことができます。
私は自由と人権、公正、連帯の価値を基盤に国民が真の主人である国、国際社会で責任を果たし尊敬される国を、偉大な国民と共に必ずつくっていきます。
ありがとうございます。

 

 

 

2022-05-18 0面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません