ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-28 12:33:20
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2022年05月17日 11:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓日女性作家が最終候補に
今年の英・ブッカー賞翻訳部門

 韓国のチョン・ボラさんの小説『呪いのウサギ』(arzak社、英語版はアントン・ホー訳)と日本の川上未映子さんの『ヘヴン』(講談社文庫、英語版はサム・ベット、デビッド・ボイド訳)が、国際的権威のある英国の文学賞・ブッカー賞翻訳部門(国際ブッカー賞)の最終候補6作品に選ばれた。国際ブッカー賞は2005年に創設、16年からは作家ではなく、英訳された作品(著者と英語への翻訳者の共同受賞)に贈られる賞となった。
『呪いのウサギ』は、呪いと復讐をテーマとするSF・ホラー短編小説集で17年に発刊、『ヘヴン』は09年に発表された作品で、クラスでいじめに遭っている男女の交流から善悪について問う内容だ。この韓日を代表する二人の女性作家は、ともに40代半ばを迎えた同世代でもある。今後の活躍に期待が寄せられている。
チョンさんが選ばれれば、16年のハン・ガンさんの作品『菜食主義者』に次いで韓国人として2人目、川上さんは日本人として初の受賞となる。発表は今月26日の予定。

2022-05-18 7面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません