ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-28 12:33:20
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2022年05月17日 11:08
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
戦略的利害が衝突
分裂する西欧

 世界的な資源供給の混乱が加速する中、ウクライナ事態の収拾の動きが見られない。ロシア軍はウクライナがNATOの支援で完成したドンバス地域の要塞、ウクライナのマジノ線を突破、ウクライナ軍の精鋭部隊を包囲する構えだ。
米・英は、ウクライナに支援を強化しながら、ウクライナ軍を督戦、ロシアを消耗させる手段として使う意図を明確にしている。これに対し、EU内では米国に戦争の早期終結を求める声が高まっている。
トランプ大統領を非難し、バイデンの当選を歓迎したヨーロッパが、米国の拡戦意志を見て驚き始めたのだ。ロシアの資源に依存する国々、特にドイツ、フランス、イタリアなどは、米国の戦争持続努力に当惑し、ヨーロッパはロシアに屈辱感を与えてはならないという主張が出ている。
長い間、中立を維持してきたスウェーデンとフィンランドが、NATO加入を急いだが、EU加入を拒否されてきたトルコが、自国内クルド族を支援する両国のNATO加入に反対する意思を表明した。米・英と他のEU諸国間の戦略的利害が一致しない実状が露呈し始めている。

2022-05-18 0面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません