ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-28 12:33:20
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2022年05月10日 12:22
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
SKバイオのワクチン承認へ 中和抗体はAZ製以上

 韓国が近々、新型コロナウイルスのワクチン開発国に名を連ねることが分かった。食品医薬品安全処はこのほど、SKバイオサイエンス(以下SKバイオ)が開発した新型コロナウイルスワクチン「スカイコビワン(SKY Covione)マルチ株」の国内承認手続きに入った。
SKバイオのコロナワクチン物質に対する3回目の臨床試験が成功裏に終わり、審議の段階に入った。「スカイコビワン」という製品名についてSKバイオは、「韓国初のコロナワクチンとして、世界のワクチン市場をリードする唯一のワクチンになるという抱負がこめられている」と説明する。
ワクチン開発が完了すれば、韓国はコロナワクチンと治療薬を共に自主開発する国となる。これは米国、英国に続いて世界3カ国目だ。製薬会社セルトリオンは、注射型の抗体治療薬「レッキロナ」開発に成功している。
SKバイオのワクチンは、ビル&メリンダゲイツ財団(BMGF)と感染症予防革新連合(CEPI)から財政支援を受け、米ワシントン大学の薬学大抗原デザイン研究所(IPD)と共同開発したものだ。
SKバイオは国内16の臨床機関と海外5カ国で、満18歳以上の成人4037人を対象に3回目の臨床試験を行った。その結果、スカイコビワンの接種者はコロナウイルスを無力化し、感染を予防する中和抗体の生成率がアストラゼネカ製に比べてはるかに高かった。また、4倍以上中和抗体が上昇した人の割合を示す「抗体転換率」もアストラゼネカ製を上回っていた。3回目の臨床試験に対する重要評価データでは、米ファイザー製と同等のレベルであることが示された。食品医薬品安全処で最終品目許可が下りれば、韓国もコロナワクチンの輸出国に名を連ねることになる。
しかし、国内では「ワクチン主権が確立された」と評価する一方で、実用化の遅れを指摘する声もある。世界がパンデミックからエンデミックへと移行する中、ワクチンそのものに対する需要の先細りを懸念する向きも。韓国に限っても、現在コロナワクチンの接種率は87%(2回目接種完了者)に達しており、余剰供給による有効期限満了で廃棄されるワクチンが今年1月から3月までで65万回分に達している。
ただし、国産企業が技術を有したことはそれだけでも大きな成果であり、コロナが季節性感冒へと置き換わればワクチンの需要は途切れないとの見方もある。(ソウル=李民晧)

SKバイオが開発した新型コロナウイルスワクチン

2022-05-11 3面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません