ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-15 07:52:42
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2022年05月10日 11:47
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX 新番組「悪の心を読む者たち」

 
他人からは誤解されやすいが、繊細な視線で人間の内面をのぞき込めるハヨン(左)©SBS
キム・ナムギル主演の最新話題作が日本初登場!
悪の心の闇を読み解き、「動機なき殺人」の犯人逮捕に挑む。韓国で最初の犯罪心理分析官(プロファイラー)となった人物を主役に、情熱と葛藤を描く本格心理サスペンス。原作は同名のノンフィクション・ルポルタージュ。キム・ナムギルは実在する韓国初のプロファイラー刑事を熱演。
感情表現は苦手だが、感受性豊かで共感力の高い主人公が、苦悩しながらも犯罪者の心を読み解き逮捕に奔走する。
実際に韓国で起きた事件をモチーフに、刑事の視点で物語が展開する点も見どころ。
◆ストーリー
1990年代後半、韓国では動機のない強姦殺人が多発していた。赤いキャップをかぶった犯人が民家に侵入し女性に暴行を加える事件が発生、警察は犯人を捕まえられずにいた。
そんな中、また女性が遺体で発見される。刑事のハヨン(キム・ナムギル)は犯人を追跡していたが、共に事件を捜査していた刑事は被害者の恋人を事件の有力容疑者として捜査を進める。しかし、疑問を持ったハヨンは鑑識係長のクク・ヨンス(チン・ソンギュ)と共に再び事件現場を調べ、別の人物の指紋を発見するが…。
◆放送予定
第1話先行放送5月30日(月)、午後9時15分~10時30分。本放送6月18日(土)スタート、毎週(土)午後8時~10時30分、2話連続放送。KNTVで。

2022-05-11 5面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
反逆勢力との闘争で押される与党
「脱北漁師の強制送還」事件の真相 前...
西欧の自滅、文明史の流れが変わるか
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません