ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-28 12:33:20
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2022年04月26日 16:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人口800万のメガシティ誕生へ 首都圏の一極集中を解消
「釜山・蔚山・慶南特別連合」計画始動

  韓国で初となる特別地方自治体「釜山・蔚山・慶南特別連合」計画が始動する。三つの市と道で構成された総人口800万人の広域経済圏が誕生する形だ。大都市圏の広域交通網を構築し、ハイテク産業を誘致して持続的な人口流入を促すほか、2040年には東北アジアの8大メガシティに生まれ変わるという発展戦略も示された。
政府は19日、ソウルの政府総合庁舎で「釜山・蔚山・慶南特別連合支援協約式」を開催した。式には釜山・蔚山・慶南の3市・道首長と行政安全部などの関係部処長官が出席した。「釜山・蔚山・慶南特別連合」は昨年10月、政府が関係部処と合同で推進する自治体統合プロジェクトだ。
本プロジェクトは、首都圏(ソウル・京畿・仁川)の一極集中による人口過密化を解消し、過疎化が進む地方都市の競争力を向上させ、発展モデルをつくることを目的としたもの。政府は「首都圏に匹敵する地域の中心軸を作る」計画で、今回の釜山・蔚山・慶南特別連合は初の事例となる。政府が推進する支援戦略は大きく三つだ。
(1)超広域特別地方自治体の発足(2)超広域圏の特別自治体に中央業務を移管(3)「釜山・蔚山・慶南」超広域発展計画を用意。
釜山・蔚山・慶南の合計人口は790万人で、域内総生産(GRDP)は272兆4000億ウォンに達する超広域連合体だ。政府はこれらの地域を1時間以内での往来が可能となるよう、生活共同体・経済共同体・文化共同体の構築を目標とする青写真を掲げた。まず三つの市道は合同で晋州~蔚山の急行列車、釜山・蔚山・慶南の循環列車など超広域交通システムを構築する。交通網の改善を通して生活圏が拡大することはもちろん、教育の機会が増え、就業の選択肢も拡大することが見込まれている。また、地域産業としては水素自動車・造船・航空産業など70の事業を重点的に育成していく方針だ。
一方で、釜山・蔚山・慶南特別連合の前途は多難だ。庁舎の設置場所や特別連合議会の構成、特別連合首長の選出、各種条例や規則の制定などといった行政面の問題に加え、事務業務の委任・移管問題を巡る3市道間の合意が成されなければならない。庁舎の場所を巡っても数カ月にわたり協議を重ねてきたが、いまだ神経戦が展開されており結論を出せずにいる。
6月1日に行われる地方選挙の立候補者の中には反対を表明する者もいる。慶南知事に立候補した「国民の力」のイ・ジュヨン、パク・ワンス両氏は釜山・蔚山・慶南特別連合に否定的な見方を示している。イ・ジュヨン氏は「釜山偏重、機構の設置など問題が山積しているため、地方選挙後にこれらの問題について検討・対処するべきだ」と述べ、事実上ゼロベースでの見直しを求める意思を表明した。蔚山市長候補に立候補した「共に民主党」のキム・ドゥギョム氏も「釜山・蔚山・慶南特別連合計画は蔚山市が釜山市に吸収される懸念がある」と述べ、見直しを主張した。
「釜山・蔚山・慶南特別連合」プロジェクトは果たして、韓国版「関西モデル」として成功するだろうか。連合の目指すところは東北アジアの8大メガシティだ。既に構想は走り出している。実務遂行に必要な条例の制定、事務所の設置など様々な準備を経て、来年1月1日から計画が始動する予定だ。
(ソウル=李民晧)

昨年2月25日、釜山新港多目的ふ頭で開かれた東南圏メガシティ計画報告イベント

2022-04-27 3面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません