ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-28 12:33:20
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2022年04月26日 12:02
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓自協 政権交代を機に発展的解散
3年間の集大成として勉強会開催

 大韓民国自由民主主義を守る在日協議会(韓自協)が21日、都内で勉強会を開催した。
洪熒・本紙論説主幹による「韓自協を越えて~韓自協から次の段階へ~」と題した講義が行われた。
主に、尹錫悦当選人が現在抱えている課題を洗い出して考察し今後、大統領として成すべきことは何か、また同氏を選んだ市民の責務とは何かを論じた。
世界的な懸念事項としてロシアとウクライナ問題にも触れ、様々な角度から見た資料を解説。
最後に韓在銀(写真中央)・金一雄(同左)・姜昌萬(同右)の共同代表3氏が挨拶を行い、3年間続けてきた勉強会を振り返った。
また、文在寅・親中全体主義集団が政権を握ったことに対する危機感から、保守派による政権奪還を果たすまで活動を続けるという発足の志は果たせたとの理由により、この日をもって韓自協は発展的解散をすると発表。
今後については、若い世代と連携しながら、韓国と世界を取り巻く情勢についての勉強会は何らかの形で行いたい意向を示した。

2022-04-27 5面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません