ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-22 05:50:32
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2022年04月26日 11:31
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
原発の継続運転申請期間を拡大
大統領引き継ぎ委が決定

 大統領職引継ぎ委員会は20日、耐用年数満了を控えた原発の継続運転延長申請期限を操り上げ、原発を停止させない方針を打ち出した。併せて新ハンウル3・4号機の建設をできる限り早期に再開すると発表した。
文在寅政権では、継続運転許可を受けた原発はない。運転寿命が今年11月までだった月城1号機は2019年に永久停止し、古里2号機は継続運転申請が遅れ4日に申請書類を提出した。
今回発表された継続運転延長申請期限の操り上げは、脱原発から原発推進へ軌道修正し原発稼働率を高めることを目的とする。
これまでは、寿命を迎える原発を継続して運転するには、寿命満了日から2~5年前の間に原子力安全委員会の審査を受けなければならないと規定されていた。大統領職引継ぎ委員会はこれを5~10年前に操り上げると発表した。
韓国の大統領の任期は5年だ。尹錫悦政権下で、審査を受けて原子力安全委員会の許可を受けることで、尹錫悦政権後の政府でも原発を稼働できるようになる。

2022-04-27 0面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません