ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-22 05:50:32
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2022年04月19日 10:57
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
物価抑制へ 0・25%利上げ
利子負担を懸念する声も

 韓国銀行(中央銀行)は14日、政策金利を年1・25%から1・50%に引き上げた。
ウクライナ危機などによる景気の下押し懸念が広がっていることから、マーケットは当面の利上げはないという見方もあった。一方、物価上昇が続いており、追加利上げでインフレ抑制を図るため、利上げに踏み切ったとみられる。
米連邦準備制度理事会(FRB)は大幅利上げに踏み切る可能性を示唆しており、韓米の金利逆転による資金流出やウォン安に備え、米国との金利差をさらに広げておく必要があると判断した可能性もある。
現在、原油価格が急騰し、3月の消費者物価指数の上昇率は前年同月に比べ4・1%増と、10年3カ月ぶりに4%を上回った。インフレ抑制のために利上げは避けられないが、金利の上昇による利子負担増を懸念する声も多い。
利上げが続き金利が2%前後になった場合、韓国企業の利子負担が昨年より8兆ウォン増えるという試算も出ている。また、多くの個人や個人事業主などが、返済に行き詰まる事態も生じるのではという懸念の声も大きい。

2022-04-20 0面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません