ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-22 05:50:32
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2022年04月19日 10:48
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ついに辞任する不正選挙主犯の1人

 中央選官委は18日、盧貞姫中央選管委員長が先月9日の大統領選挙の事前投票の選挙管理混乱に責任を負い辞任すると発表した。6月1日の地方選挙も自分が指揮すると言い切ってきた盧貞姫が辞任を決心したのは当然だ。新政権発足後、不正選挙に対する調査が避けられない状況で、憲法機関である中央選管委員長の肩書で調査や法的処分を受けるわけにはいかないという選管委の内外から圧迫があったはずだ。盧貞姫は当然、大法官職も辞任せねばならない。極端な左偏向の大法院の構成も変わり始めることになる。

2022-04-20 0面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません