ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-28 12:33:20
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2022年04月12日 12:04
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国で流行の新・造語

 韓国で日々生まれている新しい言葉は、省略語や英語との合体、ハングルならではのひねりなど、成り立ちもさまざま。辞書に載っていない韓国語を楽しもう。

부카니스탄(プカニスタン)
北朝鮮の蔑称。北朝鮮を意味する「プッカン(北韓)」と、旧ソビエト連邦の国名(アフガニスタン、カザフスタン)などにつく「スタン」をつけて、このように呼ぶ。


벼락거지(ビョラッコジ)
いきなり貧乏になること。「成金」の反対語。他人が金持ちになることに対して、相対的に剥奪感を覚える人を指す。特に2020年~21年頃、住宅価格が跳ね上がり、不動産を所有していない人が強い不満と剥奪感を抱いたことで生まれた造語。成金は落雷金持ち(ビョラップジャ)という。


빵터지다(パントジダ)
「爆笑する」の意。瞬間的に大きく笑う場面でよく使われる。爆笑することを直訳で「ポックソハダ」という韓国語単語もあるが、「大きく膨らんだ風船がパンと破れた」というようなニュアンスを含めて使われている。


솔로부대(ソロブテ)
ソロ部隊。英語の「solo」+部隊。恋愛経験がない男女、または恋人がいない男女、いわゆる「独り身」の男女たちを部隊に見立てた言葉。クリスマスの天気予報について書かれたあるニュース記事では、クリスマスに雪が降らない予報について「ソロ部隊よ、安心せよ」と見出しで報じたこともある。

2022-04-13 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません