ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-28 12:33:20
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2022年04月12日 12:03
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
★統一日報の キーワードバング★ ミンスク議定書

 「ミンスク議定書」は、2014年9月5日、ウクライナとロシア、ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国の間で署名した、「ドンバス戦争」の停戦文書だ。欧州安保協力機構(OSCE)の仲裁でベラルーシの首都ミンスクで署名され、「ミンスク議定書」あるいは「ミンスク議定書1」と呼ばれる。
12項目の合意には△ドネツクとルガンスクに関する権力分権化△捕虜の釈放△関連人士たちの起訴と処罰を防ぐ立法△ドンバス地域の人権改善△ドネツクとルガンスクでの早期地方選挙△ウクライナから武器及び兵力撤収△ドンバス地域の経済再建などが含まれた。しかし、2週間も経たずに有名無実化、15年2月12日に独首相、仏大統領、露大統領、ウクライナ大統領とドネツク、ルガンスク代表が追加条項を含む「ミンスク議定書2」に合意した。
議定書2の13項目には、△OSCEによる休戦及び武器撤退監視△ドネツクとルハンスクに対する特別地位承認△ウクライナとロシアの国境統制確立△ドンバス地域のすべての外国軍及び武器撤退△実務グループ構成―などを含むが、主要な措置はほとんど履行されていない。
ミンスク議定書が守られない根源的に背景は、ロシアに対する西欧の戦略的包囲と圧迫との見解がある。ロシアはNATOに「東への拡張中断と国境地帯に武器を配備しないこと」を要求してきたが、西欧はこれを無視したというものだ。米国は13年11月からウクライナの親露政権に対する転覆工作を背後で操縦、14年2月に「マイダン革命」で親米政権を樹立したといわれている。
ロシア系住民が多数の南部(クリミア半島)と東南部(ドンバス地域)は、ネオナチの蛮行に対抗しロシアの支援の下、独立を追求。ロシアがクリミア半島を占領し、ルガンスク共和国とドネツク自治共和国が住民投票を通じて独立を宣言するや、ウクライナが直ちに攻撃、ドンバス戦争が始まる。
以来、米国から莫大な軍事援助を受けてきたウクライナが19年2月、NATOとEU加盟推進を憲法に名文化したのが、ロシアのウクライナ侵攻のトリガーとなった。

2022-04-13 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません