ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-22 05:50:32
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2022年04月05日 11:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
国民が望むのは協治でじゃなく法治
偽善と貪欲の素顔を見せた左翼全体主義勢力

 韓国のメディアが一斉に尹錫悦当選者の世論支持率が歴代当選者の中で最低と言い「協治」を主張・圧迫する中、尹当選人が3日、盧武鉉政権の国務総理だった韓悳洙を国務総理に指名した。尹当選人の低い支持率は、革命的熱気で選挙に勝利した後、自分を支持しなかった側にすり寄る姿勢を見せる尹錫悦に失望した支持層が離脱しているためだ。特に、全国地方選挙を前に、内戦を戦う主力となるべき保守右派の多くが、尹錫悦に対する批判的支持、あるいは支持留保に回っている。これは尹当選人が自ら招いた側面が大きい。済州4・3事件記念式への出席は、多くの支持者たちにとって裏切られた感は否めない。

 

 青瓦台の移転問題で文在寅集団と衝突した尹当選人は、国務総理を指名し次期政権人事を急いでいる。彼は、陣営を問わず「実用主義」の立場で能力中心に起用すると言うが、結局はすべてが金大中、盧武鉉、李明博時代の人物が中心だ。尹錫悦側に斬新で有能な人物はいないのだろうか。
尹当選人は、徹底対決を宣言した野党の「共に民主党」が国会で絶対多数議席を持っていることを意識、しかもメディアが挙って協治を圧迫するため避けられない人事だと言うかもしれない。暫くは攻勢は避けられるかもしれない。しかし、韓国政治でこのようなアプローチと妥協が成功した例はない。次期政府中央で要職を得にくいと考える政治家たちが一斉に6月1日の地方選挙出馬を急いでいる。この鋭敏な状況に、朴槿恵大統領弾劾に主導的役割を果たした前議員が、京畿道知事出馬を宣言して顰蹙を買っている。
一方、朴槿惠前大統領の弁護人の柳榮夏も、洪準杓元党代表に対抗して大邱市長出馬を宣言、朴前大統領が自身の後援会長を務めると発表した。柳榮夏の行動は朴槿惠前大統領に大きな負担となる。当選すれば幸いだが、落ちれば朴槿惠前大統領の政治的立場を決定的に萎縮させることになる。
尹錫悦側も容易でない状況だ。朴槿惠前大統領弾劾推進派たちを全面に布陣してきた状況で、党内論理で公認して選挙で敗北すれば、政局運営に大きな負担となる。京畿道は人口面でもソウルと同じ比重で、劉承〓が勝利する可能性は低い。
国会対策を優先して政治工学的に接近する尹錫悦政権の姿勢は、保守派の立場から見ると、中道左派と日和見主義の守旧勢力に傾いているとしか考えられない。
保守層では、法治より協治を云々する尹錫悦政権が任期中に権力分点の改憲を推進し、この際とばかりに、憲法前文に5・18精神を入れるのではないかという懸念さえささやかれている。結論として、尹錫悦政権は確固たる理念的支持層を作れない可能性が高い。
今回の選挙を通じて、金貞淑(文在寅)、金恵慶(李在明)の腐敗と贅沢、越権などで極左全体主義勢力の偽善と貪欲が露わになったのは大きな収穫だ。1週間に1度は高価な衣装を作らせた大統領夫人の衣装費がなぜ国家秘密で、個人の金銭で買ったならなぜ情報公開を拒否するのか。大統領府を離れながらなぜ改造するのか。何を隠すのか。
文在寅、李在明などの醜い正体が明らかになったのは、彼らが相互牽制する過程で暴露された側面が大きい。そして親中極左全体主義集団が内部闘争を展開、分裂するとしてもそれが尹錫悦の資産にはならない。いずれにせよ、今後韓国政治で同様のことが起こるのを抑制する効果は確かに期待される。
検察と警察は、すでに去っていく権力に対する捜査を始めた。李在明の妻の公務員法人カードの使用も捜査し、検察も文在寅集団の犯罪を扱う態勢だ。問題は司法府だ。ソウル西部地方法院は3月30日、南北統一党が提起した『金日成回顧録』販売禁止仮処分申請を棄却した。平壌の労働党判事が下すような判決だ。
不正選挙闘争も苦難が続いている。1日午前、大法院で、総選挙後に提起された仁川研修区の閔庚申旭前議員の選挙無効訴訟弁論期日が開かれた。大法院は、投票紙に押印された判子と関連して投票管理官の証人尋問をしない。投票紙を出力するエプソン社の返信も求めず、鑑定人の訊問もないまま弁論終結を画策している。
大統領執務室移転は、国防部庁舎が既定事実になり、大統領官邸もしばらくは漢南洞の陸軍参謀総長官舎を使用すると決まった。
金正恩は核実験を準備している模様だ。ウクライナの事態を契機に激浪にはいる世界で、尹錫悦政権がうまく対応できるか確信が持てない。

2022-04-06 0面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません