ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-22 05:50:32
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2022年01月26日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国で話題の本『誰もが恋しいというわけではありません』『潘基文 決断の時間~世界を一つに』

 5年近い収監生活を送っていた朴槿惠前大統領のもとに届いた国民からの手紙は数万通にも及んだ。「返事を送りたい」との前大統領の声が本書刊行のきっかけだ。若者世代から高齢者まで幅広い世代からの手紙には、国に対する憂い、ささやかな日常、過去の思い出などが語られ、韓国の歴史が凝縮されていると編集者は述べている。日、米、仏などからも届いた。1年近くかけて計166編の手紙を厳選した。朴槿惠前大統領が真摯に答える文章が胸を打つ。

朴槿惠著/ガロセロ研究所刊

 

 

著者は2007年から2期国連事務総長職にあり、現在でも自身の財団を立ち上げるなど、精力的に活躍中である。本書は、21年6月に米・コロンビア大学から出版された回顧録の韓国語訳で、世界平和・人権・環境への著者の強い信念と、国連での活動がまとめられている。最終章では、17年に大統領候補として国内政治に参加した際に受けた誹謗中傷などの経験をもとに、今回の大統領選に関して候補者並びにメディアに対する苦言を呈している。

潘基文著/キムヨン社刊

2022-01-26 4面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません