ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2022年01月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】『むくいぬ』(鄭芝溶・著/吉川凪 訳)

 本書はエッセイも収録した詩選集で、タイトルになっている「むくいぬ」は、原語でサプサル犬、またはサプサリという。「サプ」は「追い払う」という意味があり、「サル」は「悪鬼のたたり」を指すという。ふさふさした長い毛を持つ可愛らしいイヌのイメージが、悪鬼を追い払ってくれると聞くと印象が変わる。
一つひとつの言葉が慎重に選ばれては置き換えられて、そうやって紡ぎだされた世界を楽しむ―それが詩の醍醐味だとすると、本書は詩人・鄭芝溶が描きだす言葉を存分に堪能できる作品集だ。作者は古語、方言、造語を多用することでも有名だという。読むたびに刺激される箇所が変わるのも、そんなところに理由があるのかもしれない。決して一筋縄ではいかないが、そこがまた面白い。様々な味わいが大きな魅力である。そして詩集の翻訳本を手に取るたびに思うことだが、訳者の並々ならぬ努力に敬意を表したい。
詩人が生きた時代背景は訳者解説に詳しいが、まずは何の情報も入れずに芝溶ワールドを楽しんでいただくことをお勧めする。
クオン刊
定価=2200円(税込)

2022-01-19 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
検証 第76回定期中央委員会(中) ...
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
不正選挙の巨大ダムが崩れ始めた
民団中執委 監察機関への辞任勧告を決議
李壽源団長が再選 東京本部大会
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません