ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2022年01月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】『父の時代―息子の記憶―』(金源一・著/遠藤淳子・金永昊・金鉉哲 訳)
息子の記憶とさまざまな証言で描く 激動の時代を生きた父の実像に迫る

 著者の説明にもあるのだが、本作品は朝鮮独立と6・25戦争(朝鮮戦争)間の時代の流れを歴史的な事実に基づきルポルタージュ式に記述した部分と、著者の父親の生涯と自身の幼年期について伝聞と記憶をもとに書き上げた小説部分とが並行して進んでいく。
物語の舞台は韓半島南部の洛東江河口の町、金海郡進永邑を中心に、釜山やソウルでも展開する。著者が生まれた1942年は太平洋戦争の真っただ中だった。高等教育を受けた父と、貧しい儒者の末娘で教育は受けていないが働き者の母との間に誕生した。著者が記憶する父親の影は薄い。日本に留学していたり、釜山に別の女性と所帯を持っていたりで、家にはほとんどいなかったからだ。それでも地道な取材を重ねて、一人の男性像が作り上げられていく。
本書で興味を惹かれたのは、子どもたちの日々の暮らしの描写だ。小学生が付ける名札は、布切れを被せて作ったものに毛筆で学年と名前が書かれている、姉と一緒に居間で腹ばいになって宿題をするなど、ある年代の読者なら幼い頃の記憶を呼び起こす情景が満載だ。苦しい時代の苦労に思いを馳せながら、どこかほのぼのとする読後感の作品でもある。
書肆侃侃房刊
定価=2970円(税込)

2022-01-19 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
検証 第76回定期中央委員会(中) ...
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
不正選挙の巨大ダムが崩れ始めた
民団中執委 監察機関への辞任勧告を決議
李壽源団長が再選 東京本部大会
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません