ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2022年01月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
百年にわたり韓国人供養 江原道が宝塚市・満福堂を訪問

住職(前列中央)を囲んで。左隣は姜本部長

 江原道日本本部の姜秉直本部長は11日、兵庫県宝塚市の満福寺(足立泰教・智教住職)を訪問、100年以上前に宝塚市の水道管敷設工事現場で起きた事故により亡くなった韓国人犠牲者を供養していることについて話を聞いた。彫刻家の玉野勢三、大黒澄枝、鄭世和の各氏と趙鏞蔵民団宝塚支部副団長、同婦人会役員らも同席した。
姜本部長は、江陵市長らの感謝の意を伝え、後日、謝意を見える形で実現したいと説明。足立住職は、「事故直後から地元の婦人会が供養し、60年前から現在の住職である私たちが供養するようになった。事故に遭った犠牲者の皆さんは祖国に帰れず、事故現場の近くであるこの地の山に葬られた。毎年8月15日に、人と人とのつながりを大切にする心で、地球人として供養している」と話した。満福寺では当初3人の犠牲者を供養していたが、後に福知山線鉄道改良工事で犠牲になった2人も合わせて追悼するようになったとのことだ
姜本部長は「異国の地で亡くなり、家族との連絡も取れなかった悲しい魂を慰めようと、100年以上も住職が5回も替わりながら祭祀を続けてきたことに感謝したい。このような善行に触れ、韓日は兄弟のような関係に、きっとなれると再確認した」と語った。
(大阪=韓登)

2022-01-19 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
検証 第76回定期中央委員会(中) ...
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
不正選挙の巨大ダムが崩れ始めた
民団中執委 監察機関への辞任勧告を決議
李壽源団長が再選 東京本部大会
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません