ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2022年01月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
21年度連結 大手各社 業績好調
軒並み過去最高を更新

 サムスン電子は7日、昨年度の連結決算(暫定値)を発表した。
それによると年間売上高は279兆400億ウォンで、営業利益は51兆5700億ウォン。前年より売上げは17・8%、営業利益は43・3%増加した。年間売上高としては過去最高で、営業利益も歴代3番目を記録した。
好業績の背景にはコロナ下での巣ごもり需要の拡大がある。パソコンなどIT関連製品のニーズが高まったことから、半導体市場が活況を呈した。
グローバル企業各社のサーバー向けメモリーチップへの需要が堅調に続いた。サムスンの営業利益の60%を半導体が占める結果となった。
LG電子が7日発表した昨年度連結決算(暫定値)によると、年間売上高は前年比28・7%増の74兆7219億ウォンで、営業利益は1・0%減の3兆8677億ウォンだった。
同社の年間売上高が70兆ウォンを超えるのは初めてで、過去最高を更新した。
テレビなど生活家電部門が好調で、同社の生活家電の売上高はトップの米ワールプールを上回り、昨年初めて世界1位を達成した。
そのほか、自動車電装事業も業績をけん引。同事業部のビークル・コンポーネント・ソリューション(VS)事業本部の売上高は過去最高を記録した。
ポスコは12日、昨年の連結基準の売上高が76兆4000億ウォンで、営業利益は9兆2000億ウォンと暫定集計されたと発表した。
売上げは前年比32・1%増、営業利益は283・8%増。
会社設立以来、最高の業績を記録した要因は、グローバル経済がコロナ被害から回復に向かったことに加え、世界の鉄鋼生産量の半分を担っている中国が、炭素中立のため鉄鋼の生産を減らしたのが好材料となった。
中国の銑鉄生産量は昨年7月から11月にかけて毎月、前年同期より7・20%ほど減少した。そのため、昨年第3四半期、ポスコは四半期ごとに3兆ウォンの営業利益を記録した。

2022-01-19 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
【BOOK】『モーメント・アーケード...
民団地方本部で役員改選 15地方で開...
国会独裁を放置するか解散するか
韓自協 政権交代を機に発展的解散
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません