ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年12月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
有田焼陶祖 李参平の碑

 有田焼の陶祖・李参平が他界したのは1655年で、有田町内にある龍泉寺の過去帳に戒名が刻まれ、天狗谷古窯の近くに墓碑も創建された。これらは、李参平が鍋島藩から最上級の手厚い庇護を受けていたことを物語る。その後、八幡社(現在の陶山神社)が創建され(主祭神は応神天皇)、後に鍋島藩祖・鍋島直茂と李参平をあわせて祀るようになった。
有田焼創業から300年を経た1916年当時、日本は朝鮮半島植民地政策を推し進めていた時代だったが、李参平に対する感謝と報恩を象徴する碑=写真=が建立された。碑文には「大恩人」の文字が刻まれている。

2021-12-11 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
検証 第76回定期中央委員会(中) ...
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
不正選挙の巨大ダムが崩れ始めた
民団中執委 監察機関への辞任勧告を決議
李壽源団長が再選 東京本部大会
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません