ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-01-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2021年11月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
第5回中央執行委員会開催
監察機関に公文の撤回求める

 現執行部が発足してから5回目となる中央執行委員会が19日、開催された。
今回の会議で「監察機関職務検証委員会」(検証委、孫京翼委員長)による検証結果の報告が行われた。
検証委は10月に、民団規約第26条に基づき専門委員会として設置されて以降、中央監察機関(金春植監察委員長)が発表した▽中央議長に対する戒告処分▽直選中央委員35名否認の件▽中央団長・中央議長への辞任勧告などが、規約等に適合するものであったか否かを検証してきた。
検証の結果、前記3件につき監察機関の規約等の解釈は明らかに誤りがあると結論。中央執行委員会はこの報告を踏まえて決をとり、監察機関に対して該当する公文の撤回と謝罪を求めることにしたという。
検証委はあくまで検証を目的とした専門委員会であり、強制力は持たない。
今回の中央執行委員会での決定事項は近日中に、正式に発表される。

2021-11-25 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
【投稿】常識の通じない困った人たち
朴槿恵大統領 赦免・釈放
各地で地方協議会開催
3代世襲・金正恩政権の10年
世界に広がるハングルブーム TOPI...
ブログ記事
黒柳徹子
難しい哲学書を読む(その一)フィヒテ「全知識学の基礎」(1794)
精神論〔1758年〕 第三部 第16章 若干の民族の徳への無関心はどんな原因に帰すべきか
認識論とイデオロギー論
文句は直接言え
自由統一
ポスト金正恩 平壌の権力闘争
金正恩体制、突然の崩壊も
3代世襲・金正恩政権の10年
金正恩体制最後の堡塁
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません