ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-08 09:56:54
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2021年11月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
カードキャッシングの利用増加
背景にDSR規制の強化

 韓国政府が総負債元利金返済比率(DSR)規制を強化したことから、クレジットカードでのキャッシングの利用が増加している。
KB金融グループの経営実績によると、今年第3四半期のKB国民カードのキャッシングサービスに関する資産は1兆1088億ウォンで、金融監督院が集計した第2四半期の資産9858億ウォンより12・5%増加した。
新韓カードの第3四半期のキャッシングサービス資産も1兆6344億ウォンと、昨年第2四半期の1兆5980億ウォンに比べ増加した。
これまで金融当局は、低所得者や低信用者の金融萎縮の可能性を考慮し、カードローンをDSR規制の対象外としてきた。だが、カードローンの融資残高が増えたことから、来年7月に予定されていたDSR規制を1月に繰り上げた。結果、カードローン残高は9月末時点で15カ月ぶりに減少に転じた。一方、キャッシングサービスはもともと、DSR規制の対象ではなく、当面も規制対象となる予定はないことから、貸付額が増加した。カードローンの利用を控える代わりに、キャッシングサービス利用が増加したとみられる。
キャッシングサービスは高金利商品であることから、利用者の利子負担はさらに重くなりかねないという懸念も出ている。

2021-11-17 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
朝鮮労働党日本支部の無力化こそ安保再建
「在日韓国人記念館」光化門にオープン...
反逆勢力との闘争で押される与党
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません