ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-08 09:56:54
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年11月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
8日から日本の水際対策緩和

 日本政府は8日から、コロナウイルス感染症の水際対策の緩和を開始した。
具体的には、(1)昨年末からこれまで基本的には認めていなかった外国人の新規入国を制限付きで受け入れ(2)ワクチン接種済みの外国人・邦人は入国後の待機期間を短縮を実施する。
どちらの場合でも、受け入れ責任者(企業・団体)の行動管理が緩和の条件だ。
例えば、ワクチン接種を受けたビジネス・就労目的の短期滞在者の場合、待機期間が最短3日に短縮されるが、受け入れ先の企業などが所轄の省庁などに活動計画書を提出する必要がある。公共交通機関は指定席がある鉄道やバス、タクシーに限られ、飲食店の利用についても、短時間(約2時間以内)の利用とされている。また、これらの領収書は30日間の保管が必要だ。
韓日間のビジネスにも関わってくる内容だが、細かい条件を遵守する必要があるため、気を抜くことはできない。
日本韓食振興協会の関係者は、「今はとにかく人材不足なので、来日の条件が緩和されるのは非常に助かる」とした上で、「韓国はまだ隔離日数が10日なので、韓日で連携して、日数などを合わせてくれるとさらにありがたい」と述べた。

2021-11-10 4面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
朝鮮労働党日本支部の無力化こそ安保再建
「在日韓国人記念館」光化門にオープン...
反逆勢力との闘争で押される与党
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません