ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-12-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2021年11月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
野党「国民の力」尹錫悦候補を選出
「大統領選は常識と非常識の戦い」

尹錫悦前検察総長が5日、最大野党・国民の力の大統領選挙候補として選出された。最終得票率47・85%でライバルの洪準杓議員(41・50%)を上回った。尹候補は受諾演説で「今回の大統領選挙は常識と非常識の戦いだ。必ず政権交代を成し遂げる」と語った。以下は尹候補の受諾演説文の要約。

****************************************************************************************

大統領候補受諾演説を行う国民の力・尹錫悦氏(5日午後、ソウル市龍山区の白凡金九記念館で。写真=国会写真取材団)
(1)我々が来年3月9日に勝てば皆が勝者となり、もし勝てなければ我々は皆敗者として記録されるでしょう。我々はワンチームです。政権交代という大義の前には分裂する自由もありません。国民の熱い期待に応えることができなければ、我々は国民と歴史の前に拭えない罪を負うことになります。政権交代という使命は私一人で成し得るものではありません。我々皆が団結しなければならないのです。
(2)公正と常識の復活を願う民意は、政治の素人である私を国民の力大統領候補に選んで下さいました。
「皆さんと共に必ず政権交代を成し遂げる」
政界に忖度せず、公正な基準で社会の隅々に蔓延した特権と反則を正しく立て直すよう命を受けました。大荘洞問題のような、巨大な腐敗カルテルを根こそぎ取り除き、既存の政治の改革を求められました。派を問わず、国民を統合せよとの命を受けました。これこそが私、尹錫悦の存在価値であり、私が進むべき道です。
(3)今回の大統領選挙は、国の存亡をかけた絶体絶命の選挙です。政権交代を成し遂げることができなければ法の蹂躙は続き、非常識が常識へと成り代わり、民主党の逸脱行為はさらに進むでしょう。文在寅政権の所得主導成長と不動産高騰は「財産略奪」です。悪性ポピュリズムは「税金略奪」です。1000兆を超える国家債務は「未来の略奪」です。政権交代がなければ国民からの略奪はより深刻化し、常態化・構造化することになるでしょう。
来年3月9日は、法治、公正、常識が回帰する日にしたいと思います。
(4)韓国の成長エンジンを再び稼働させます。雇用先の確保は起業の創意とイノベーションにつながります。私は不必要な規制を廃止し、AIなどの第4次産業革命をリードする企業に支援を集中させ、低下した潜在成長率を再び引き上げます。
また、国民が安心できる確かな(国家)安保体制を構築します。私は国際社会との徹底した共助によって非核化をより効率的に推進していきます。我々と民主主義の価値を共有する国々との協力を強化し、国益優先の実用外交を展開していきます。
(5)傾聴し、意思疎通が図れる大統領になります。民主主義下で解決策になり得るのは対話と妥協だけです。派閥や陣営に囚われず、実力のある専門家を抜擢し、躊躇なく権限を委任します。そしてその結果については確実に責任をとる大統領になります。尹錫悦の辞書には『ネロナンブル(私がすればロマンス、他人がすれば不倫)』という言葉は存在しません。
(6)今回の大統領選は、常識の尹錫悦と非常識の李在明との戦いです。つまり、合理主義者とポピュリストの戦いということです。「既得権の国」から「機会の国」へ、「略奪の韓国」から「公正の韓国」へと変えていきます。必ず政権交代を成し遂げます。分裂と憤怒の政治、腐敗と略奪の政治を終わらせます。そして新しい韓国を必ずやつくり上げていきます。

2021-11-10 3面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
相次ぐ「再審無罪」の目的は何か
ソウルを東京に擬える 第7回 梨泰院...
「韓日関係の回復を公約」
第5回中央執行委員会開催
偽投票紙は中共産
ブログ記事
難しい哲学書を読む(その一)フィヒテ「全知識学の基礎」(1794)
精神論〔1758年〕 第三部 第16章 若干の民族の徳への無関心はどんな原因に帰すべきか
認識論とイデオロギー論
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
自由統一
金正恩体制最後の堡塁
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません