ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-01-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2021年11月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北京冬季五輪まで100日
下火になる“五輪ボイコット” 「どこまで本気か」失望の声も

 在日ウイグル・香港・南モンゴル・チベットなど、中国から人権弾圧を受ける立場の活動家らは10月27日、「2022年北京冬季五輪の開催に反対する」として、東京の中国大使館と国会議事堂前で抗議活動を行った。
この日は、22年北京冬季五輪の開幕日までちょうど100日前。抗議を行ったメンバーらは、ウイグルの強制収容所や香港の民主派弾圧など、現在も進行する中国政府の弾圧が止まない限り、「北京五輪をボイコットすべきだ」と呼びかけた。
この問題に関して、欧米諸国をはじめとする国際社会は当初、ボイコットを積極的に呼びかけていたが、最近はその勢いも下火になりつつある。
留学で来日した在留香港人の何嘉軒さんは、「自分の立場からすると、『香港のことは忘れられたのかな』と悲しい気持ち。岸田首相のみならず、すべての国のリーダーに対して『どこまで本気で取り組んでくれるのか』と問う気持ちはある」と苦い内心を吐露した。
日本ウイグル協会のレテプ・アフメット副会長は取材に対し、「民間では声が上がっていても、国家レベルではあまり活発ではないという印象。ただ、一日や二日で状況が変えられないのは承知の上だ。中国によるさまざまな問題を『全てなかったことにして無条件に開催させていいのか』と問いかけるのがわれわれの義務なので、地道に活動している」と話した。

2021-11-03 4面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
【投稿】常識の通じない困った人たち
朴槿恵大統領 赦免・釈放
各地で地方協議会開催
3代世襲・金正恩政権の10年
世界に広がるハングルブーム TOPI...
ブログ記事
黒柳徹子
難しい哲学書を読む(その一)フィヒテ「全知識学の基礎」(1794)
精神論〔1758年〕 第三部 第16章 若干の民族の徳への無関心はどんな原因に帰すべきか
認識論とイデオロギー論
文句は直接言え
自由統一
ポスト金正恩 平壌の権力闘争
金正恩体制、突然の崩壊も
3代世襲・金正恩政権の10年
金正恩体制最後の堡塁
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません