ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2021年11月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
第3四半期、大手各社が好業績
最高値更新相次ぐ

 <サムスン電子>
売上高、初の70兆ウォン超え


サムスン電子は10月28日、第3四半期(7~9月)の連結決算を発表した。
それによると、売上高は昨年同期に比べ10・48%増の73兆9800億ウォン、営業利益は28・04%増の15兆8200億ウォンとなった。
サムスン電子の四半期売上げが70兆ウォンを超えたのは今回が初めて。営業利益は半導体の超好況期だった2018年の第3四半期の17兆5700億ウォンに次いで過去2番目の記録となった。
今回の好業績は半導体部門がけん引した。同部門の営業利益は10兆600億ウォンで、全営業利益の64%に当たる。

<SKハイニックス>
売上高、過去最高更新

SKハイニックスは10月26日、第3四半期の連結決算を発表した。
それによると、売上高は11兆8053億ウォンで前年同期に比べ45%増、営業利益は4兆1718億ウォンで220%増だった。
売上高は18年7~9月期の11兆4168億ウォンを上回り、過去最高を更新した。営業利益も18年10~12月期の4兆4301億ウォン以来の4兆ウォン台を記録した。
これまでNAND事業が赤字続きで経営上の負担となっていたが今回、黒字転換した。現在、米インテルのNAND事業部門の買収を進めており、完了すれば、NAND事業の競争力がさらに強化されると見られている。

<LG電子>
利益減も売上高過去最大

LG電子は10月28日、第3四半期の確定業績を発表した。
それによると売上高は四半期ベースで、これまでで最大だった、今年第1四半期の17兆8124億ウォンを1兆ウォン超える18兆7867億ウォンとなった。営業利益はリコール引当金として計4800億ウォンを充当したため、前年同期と比べ約50%減の5407億ウォン。
生活家電(H&A)事業は四半期の売上高が7兆611億ウォンと初めて7兆ウォン台を突破し、新記録をけん引した。営業利益は5054億ウォン。
長年にわたり世界トップだった家電メーカー、米ワールプールの第3四半期の売上げを、3四半期連続で上回った。世界1位の家電メーカーの地位を着々と固めている。

 <現代自動車>
販売数減少も売上高増


現代自動車は10月26日、第3四半期の連結決算を発表した。
売上高は前年同期に比べ4・7%増の28兆8672億ウォン、営業利益は1兆6067億ウォンとなり、品質管理に関わるコスト増などで3138億ウォンの営業損失を計上し赤字だった前年同期から黒字に転換した。
世界販売台数は89万8906台で前年同期比9・9%減、国内販売は15万4747台で22・3%減だった。
高級ブランドの「ジェネシス」や電気自動車など価格帯の高い車の販売増が販売数減少と為替面(ウォン安)の影響を相殺した。

2021-11-03 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【BOOK】『モーメント・アーケード...
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
民団地方本部で役員改選 15地方で開...
国会独裁を放置するか解散するか
韓自協 政権交代を機に発展的解散
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません