ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2021年11月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国、OECDで貧困率4位に 
急速な高齢化が要因

OECDは10月25日、2018~19年基準のOECD加盟国の相対的貧困率を発表した。
韓国の貧困率は16・7%で、調査対象37カ国・地域のうち4位だった。
相対的貧困率とは、等価可処分所得(所得から税金、社会保険などを差し引いた世帯の収入)の貧困線に達していない世帯の割合を意味し、これら世帯は一定水準の生活ができていないと想定する。今年の基準は1人世帯基準で91万4000ウォン、2人世帯では154万4000ウォン、3人世帯は199万2000ウォン、4人世帯は243万8000ウォンだ。今回の報告は、韓国では国民6人のうち一人が、この基準を満たしていないということを意味する。
韓国の相対的貧困率が高いのは、急速な高齢化がその背景にある。65歳以上の高齢者貧困率は18年基準で43・4%で、OECD加盟国・地域で最高水準。OECD平均15・7%の約3倍に達する。社会的な受け皿が整備されないなか、高齢化が急速に進んだことが原因と見られている。
なお、1位はコスタリカで20・5%、次いで米国が17・8%、イスラエルが16・9%。日本は15・7%だった。OECD平均相対的貧困率は11・1%。

2021-11-03 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【BOOK】『モーメント・アーケード...
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
民団地方本部で役員改選 15地方で開...
国会独裁を放置するか解散するか
韓自協 政権交代を機に発展的解散
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません