ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年11月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 明洞といえば、ソウル有数の観光スポット。手ごろな価格で楽しめるファッションや化粧品の店が立ち並ぶ、ソウルを代表する繁華街の一つだ▼近年、明洞はインバウンド客を旺盛に取り込んで成長してきた。一時期は韓国人よりも日本人の方が目立つほどであり、それはほどなくして中国人に取って代わられた。外国人にとっては、手軽に「韓流」を感じられる街といったところだろうか▼その明洞が壊滅的な状況だという。道行く人の影はまばらで、店舗の空室率は50%以上だ。コロナによる外国人客の激減に加え、コロナ前から進んでいた明洞の”韓国人離れ”が拍車をかけた▼韓国経済は、輸出は好調だが内需は悲惨な状況だ。非正規ゼロを掲げた文政権だが、結果は真逆で、非正規労働者の数は過去最多となった。それ以上に深刻なのは個人事業主だ。コロナによって彼らの多くが収入を絶たれた。コロナ禍を乗り越えるだけの十分な貯えがある個人事業主は、非常に少数といえる▼こういったなか、次期大統領選に出馬する李在明候補は、飲食店の数を国家が決めるという、突飛な案を掲げている。およそ自由民主主義国家ではありえない話だが、当人はいたってまじめだ▼文政権が「K防疫」と自賛している防疫体制は、感染者数を劇的に減らす段階には至っていない。韓国ではウィズコロナ政策が今月から始まったが、まず願いたいのは内需の回復だ。いずれ来る海外との自由往来復活の日に向けて、元気な韓国の”顔”を取り戻してほしい。

2021-11-03 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
検証 第76回定期中央委員会(中) ...
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
不正選挙の巨大ダムが崩れ始めた
民団中執委 監察機関への辞任勧告を決議
李壽源団長が再選 東京本部大会
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません