ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-15 07:52:42
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2021年10月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
10月の物価上昇率、3%台へ
世界経済回復で材料費値上がり

企画財政部は17日、10月の物価上昇率が3%台になると発表した。3%の物価上昇は10年ぶりで、今後、上昇傾向が抑制できなければ、市民の生活、企業活動など経済全般に影響を与えるとの懸念が高まっている。値上がりは生活必需品だけにとどまらず、電気、ガソリンなどの燃料、住宅価格も高止まりし、ウォン安傾向が続いていることから輸入物価も上昇を続けている状況だ。
消費者団体協議会物価監視センターは18日、今年7~9月期の生活必需品の価格上昇率を発表した。 
それによると、調査対象38品目のうち、29品目の価格が上昇した。全品目の平均上昇率は4・4%。もっとも価格が上がったのは卵で70%。次いで豆腐が16・5%、ハムが11・3%、食用油が11・2%と続いた。
韓国石油公社の価格情報サイトによると、ソウル地域のガソリン平均価格は18日、1リットル1800ウォンを超え1801・55ウォンとなった。1800ウォンを超えたのは2014年11月以来、7年ぶり。ガソリン価格上昇の原因は国際原油価格の高騰だ。ウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)価格が7年ぶりに1バレル=80ドルを超えるなど現在、高止まりが続いている。
世界的に、コロナで停滞していた経済が回復傾向にあるため、原材料の需要が拡大し、価格が急激に上昇している。この影響で先月の韓国輸入物価指数は124・58となり、14年2月の124・6から7年7カ月ぶりの高水準を記録した。

2021-10-27 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
反逆勢力との闘争で押される与党
「脱北漁師の強制送還」事件の真相 前...
西欧の自滅、文明史の流れが変わるか
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません