ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-11-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年10月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「私のおばあちゃんへ」(ユン・ソンヒほか著/橋本智保 訳)
日々を積み重ねたどり着いた今 6人の女性作家が「老い」を描く

 本書は6人の女性作家による「おばあちゃん」をテーマにした短編集だ。韓国文学に慣れ親しんでいる人なら作家名から想像が可能と思うが、タイトルと装丁から受けるイメージ通りの物語は一つもない。冒頭話では、「おばあちゃん」になりたかった女性が主人公だ。また、残された日記から孫が想像するおばあちゃんの最後の恋や、周囲にかすかな憎しみを生み出していた厳格な祖母など、様々な視点から語られる6人の「おばあちゃん」の人生は、強烈なインパクトを残す。
最終話は、高齢者人口が絶対多数を占める近未来社会が舞台だ。主人公のミナは施設で暮らしている。世話をするのはAIロボットだ。思った以上に長く生きてしまったという彼女の夢は死を迎えることだが、それでもささやかな楽しみはあった。そして社会は、ミナのわずかな希望を押し流して進んでいく。
繰り返すようだが、これは未来の話だ。だとすると、ミナは2021年現在、何歳なのだろうか。老いていく自分と変化し続ける社会―他人の人生を読んできたはずが、すべて自分事だった。「年老いた女になるつもりはなかった」―ミナの言葉が追いかけてくる。やはり、一筋縄ではいかない短編集である。
書肆侃侃房刊
定価=1760円(税込)

2021-10-20 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第6回 アパー...
相次ぐ「再審無罪」の目的は何か
偽投票紙は中共産
金正恩体制最後の堡塁
「韓日関係の回復を公約」
ブログ記事
難しい哲学書を読む(その一)フィヒテ「全知識学の基礎」(1794)
精神論〔1758年〕 第三部 第16章 若干の民族の徳への無関心はどんな原因に帰すべきか
認識論とイデオロギー論
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
自由統一
金正恩体制最後の堡塁
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません