ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年10月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「私のおばあちゃんへ」(ユン・ソンヒほか著/橋本智保 訳)
日々を積み重ねたどり着いた今 6人の女性作家が「老い」を描く

 本書は6人の女性作家による「おばあちゃん」をテーマにした短編集だ。韓国文学に慣れ親しんでいる人なら作家名から想像が可能と思うが、タイトルと装丁から受けるイメージ通りの物語は一つもない。冒頭話では、「おばあちゃん」になりたかった女性が主人公だ。また、残された日記から孫が想像するおばあちゃんの最後の恋や、周囲にかすかな憎しみを生み出していた厳格な祖母など、様々な視点から語られる6人の「おばあちゃん」の人生は、強烈なインパクトを残す。
最終話は、高齢者人口が絶対多数を占める近未来社会が舞台だ。主人公のミナは施設で暮らしている。世話をするのはAIロボットだ。思った以上に長く生きてしまったという彼女の夢は死を迎えることだが、それでもささやかな楽しみはあった。そして社会は、ミナのわずかな希望を押し流して進んでいく。
繰り返すようだが、これは未来の話だ。だとすると、ミナは2021年現在、何歳なのだろうか。老いていく自分と変化し続ける社会―他人の人生を読んできたはずが、すべて自分事だった。「年老いた女になるつもりはなかった」―ミナの言葉が追いかけてくる。やはり、一筋縄ではいかない短編集である。
書肆侃侃房刊
定価=1760円(税込)

2021-10-20 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
民団中央が金正恩書簡に対する談話文を発表
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません