ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-10-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年10月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【曝書】高麗八萬大蔵経

 韓国慶尚南道陜川郡の海印寺は、仏教聖典が書かれた木版から刷られた経典「高麗八萬大蔵経」1270冊を保存している。それらを全て風と陽に当てて、腐食や虫害を防止する作業=曝書が7日に行われた。全冊を外に出して乾かすのは123年ぶりのことだという。大蔵経は経典の総結集のことで一切経とも呼ばれる。高麗八萬大蔵経は、縦が約24センチ、横が約70センチ、厚さが約4センチの白樺でできた版木が8万1258枚に及ぶので、八萬大蔵経とよばれるようになった。

2021-10-13 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
民団「正常化委」15日に解散声明発表
【民団】中央執行委が実効的措置 正常...
朝総連と韓統連 利敵団体を共同運営
ソウルを東京に擬える 第5回 問屋街...
ブログ記事
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
自由統一
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません