ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-22 05:50:32
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年10月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【曝書】高麗八萬大蔵経

 韓国慶尚南道陜川郡の海印寺は、仏教聖典が書かれた木版から刷られた経典「高麗八萬大蔵経」1270冊を保存している。それらを全て風と陽に当てて、腐食や虫害を防止する作業=曝書が7日に行われた。全冊を外に出して乾かすのは123年ぶりのことだという。大蔵経は経典の総結集のことで一切経とも呼ばれる。高麗八萬大蔵経は、縦が約24センチ、横が約70センチ、厚さが約4センチの白樺でできた版木が8万1258枚に及ぶので、八萬大蔵経とよばれるようになった。

2021-10-13 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません