ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-08 09:56:54
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2021年10月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
黄教安「非暴力で国を覆す」

昨年の総選挙を無効と宣言した黄教安前大統領権限代行が11日、所信を発表、党内予備選の結果に対する不服と選挙正義のための闘争を宣言した。黄教安候補は党選管委が「台風の眼」を封鎖するため、自分を予備選挙で落としたと主張、告訴など必要な措置をすべて講ずると断言した。大統領選挙運動も続け、選挙キャンプも目標を達成するまで維持すると言った。不正選挙を防ぐための闘争の範囲を広げていく。もはや実戦であり革命が必要だ。国会議員では問題が解決されないため、政治的決断で突破する。非暴力的で国を覆すと言い放った。「国民の力」と「共に民主党」、李俊錫と李在明、国を破壊している人々に言うべきことを言う。市民団体など、外部勢力とも一緒に戦う。国民が立ち上がり始めたと宣言した。党内の予備選挙で4・15不正選挙を集中的に取り上げ、新聞・放送が不正選挙を報道せざるを得なくした黄元首相は、選挙の正義を具現化するリーダーとして、不正選挙の主犯の選管委や大法院、文政権と闘う自由右派の指導者として浮上した。

2021-10-13 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
朝鮮労働党日本支部の無力化こそ安保再建
「在日韓国人記念館」光化門にオープン...
反逆勢力との闘争で押される与党
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません