ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-10-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年10月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国で流行の新・造語

 韓国で日々生まれている新しい言葉は、省略語や英語との合体、ハングルならではのひねりなど、成り立ちもさまざま。辞書に載っていない韓国語を楽しもう。

■강추(カンチュ)

「イチオシ」の意。強力(カンリョク)+推薦(チュチョン)の略語。反対語として、「おすすめしないこと」を指すピチュ(非+推薦)も同時に生まれた。

■귀차니스트(クィチャニスト)

「何でも面倒くさがる人、面倒くさがり屋」を指す。形容詞の「クィチャンタ(面倒だ)」と「~の人」という意味を表す英語の「イスト(~ist)」の合成語。何でも面倒がって怠けようとする考えをクィチャニズムともいう。

■나홀로족(ナホッロジョク)


「お一人様」の意。人との交流に関心を持たず、余暇を1人で楽しむ人たちのこと。ナホッロで「私一人だけ」という意味。孤独というマイナスイメージではなく、1人時間をエンジョイする人を指す場合が多い。グループ行動を好む韓国では割と少ないタイプ。日本語でいう「おひとりさま」に近い印象の言葉。

■디지털 치매(デジタルチメ)


「デジタル認知症」の意。デジタル機器に依存しすぎて記憶力や計算能力が著しく低下すること。関連する言葉としては、スマートフォンやパソコンなどの使用により体調不良が生じたため意図的にデジタル機器を使用しないことを指す「デジタル断食」がある。

2021-10-06 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
民団「正常化委」15日に解散声明発表
【民団】中央執行委が実効的措置 正常...
朝総連と韓統連 利敵団体を共同運営
ソウルを東京に擬える 第5回 問屋街...
ブログ記事
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
自由統一
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません