ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-10-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2021年09月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
不正選挙と死闘中の韓米同盟

昨年11月3日の米大統領選挙に関するアリゾナ州マリコパ郡の再検票の結果が25日(米国時間)に発表された。有効票として計数されてはならない5万7000票以上が確認され、アリゾナ州でのバイデンの勝利は取り消さねばならない状況になった。しかし、大半のメディアは、これを無視、報道しなかった。
トランプ大統領は25日、マリコパ郡の再検査で自身が勝利したと宣言した。トランプ大統領のことについては、些細な問題でも否定的に報道してきたメディアが、反論もせずに黙殺している。
一方27日の午後、ソウルで「4・15国闘本」などが、4・15不正選挙の証拠公開記者会見を開いた。大法院が昨年4月の総選挙に対する選挙無効訴訟を、6カ月以内に終了することになっている法を踏み躙り、すべての訴訟を無期延期するや、今までの3つの地域区の再検票で明らかになった不正選挙の証拠を公開したのだ。
当局の執拗な懐柔と脅威にもかかわらず、全体253の地域区の半分に相当する120以上の地域区と比例代表全国区(国民革命党)が選挙無効訴訟を提起した。大法院は6月28日から8月30日まで、わずか3つの地域区の再検票をしたが、あまりにも膨大な不正選挙の証拠偽投票紙が現れるや、再検票を全面中断、残りの全選挙無効訴訟を来年3月の大統領選後に延期した。
韓国も政権とメディアの徹底した検閲で不正選挙のイシュー化を封鎖してきた。しかし、この検閲と封鎖が第1野党の「国民の力」の大統領選挙党内予備戦を通じて崩壊した。予備候補の黄教安前総理(大統領権限代行)がTVの生中継の公開討論で、これまで検閲、封鎖してきた不正選挙の証拠を提示し、市民の熱い支持を得ている。
主思派出身の河泰慶議員は、体を投げて不正選挙を否定したが、選挙運動期間中の虚偽事実の流布で27日、告発された。

2021-09-29 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
民団「正常化委」15日に解散声明発表
【民団】中央執行委が実効的措置 正常...
朝総連と韓統連 利敵団体を共同運営
ソウルを東京に擬える 第5回 問屋街...
ブログ記事
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
自由統一
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません