ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-10-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2021年09月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
停滞するオリニ(子ども)事業の促進目指す
地方同士で情報交換・連帯感を高める

民団中央本部・文教局(徐順子局長)の主導で10月1日、「オリニ(子ども)事業促進セミナー」がオンライン開催されることが決定した。ZOOMを介して、全国の文教部長または文教課長などが参加する。
各地方本部・支部がコロナ禍における行事の取り組みを発表し、情報交換を行って連帯感を高めることが目的だ。
コロナ禍による人的交流の制限は、精神的・経済的に大きな停滞をもたらした。民団においても、2019年末からこれまで、ほとんどの恒例行事が延期・中止・縮小を余儀なくされている。とりわけ関係者が気にかけているのが、今回のテーマであるオリニ(子供たち)向けの事業だ。
夏休みなどを利用して実施してきた「オリニジャンボリー」などは民団が掲げる「次世代育成」の主な取り組みだが、感染対策の観点から、以前のような対面かつ大人数での実施は難しい状態が続いている。
そのような状況下ながら、注意を払いながら積極的にイベント開催に取り組む地方は少なくない。
民団兵庫も、オリニ土曜学校など次世代の育成に積極的に取り組んでいる地方の一つだ。金相英事務局長は以前、取材に対して「中止・延期はいつでもできるが、開催となるとそうはいかない。準備だけはしておくという姿勢」と前向きに語っていた。

2021-09-22 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
民団「正常化委」15日に解散声明発表
【民団】中央執行委が実効的措置 正常...
朝総連と韓統連 利敵団体を共同運営
ソウルを東京に擬える 第5回 問屋街...
ブログ記事
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
自由統一
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません