ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-09-24 17:48:38
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年09月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

「言論と表現の自由」の保証は自由民主主義の原則だ。相反する考え方や意見を表明する場があることこそ自由民主主義の根幹を形成する。特に政治に関する言論と表現の自由は、”いかなる民主主義”にとっても原動力である▼中国や北韓を見れば、体制側の言論統制により、真実を知る機会が喪失し、思考や行動がコントロールされるかわかるだろう。検索大手グーグルが発表した「透明性報告書」によれば、昨年各国政府が同社(YouTubeを含む)に削除を要請したコンテンツ数を見ると、日本1070、ドイツ1941、フランス5475、米国9482といった数字が並ぶ▼しかし韓国は5万4330と突出している。中には明らかに悪意を持った創作物もあるだろう。だが、文在寅政権下で政府による言論統制が行われてきたことの証左であろう▼さらに与党は、故意・重過失で虚偽操作報道を行った場合、被害額の5倍まで懲罰的損害賠償を科すという内容を盛り込んだ「言論仲裁法改正案」を進めている。単独処理も辞さない構えだ。もし法案が通過すれば、韓国の自由民主主義は死んだも同然だ▼文政権発足以降、本紙では同政権による韓国の共産全体主義化への懸念を大きく報じてきた。自由民主主義国家が、全体共産主義化するなんてありえないと、懐疑的な見方をした読者も多かった。しかし、いままさに韓国の自由民主主義の崩壊が迫ってきている。現実を直視し、何をすべきか、何ができるのかを考えるべきではなかろうか。

2021-09-15 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
大法官が証拠物の投票紙を偽造
ソウルを東京に擬える 第4回 ターミ...
「文政権の3つのアキレス腱」
直選中央委員が観察に「諫言」
民団「正常化委」15日に解散声明発表
ブログ記事
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
「東洋哲学」の問題
「ニュー・ノーマル」はノーマルなのか?
自由統一
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失
北の対韓サイバー攻撃、1日150万回


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません