ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-10-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2021年09月08日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
中共に協力する米民主党
国連司令部解体工作

第2の文化革命を通じて終身執権基盤の強化を図っている習近平が、内部矛盾や葛藤を外へ向け、自由陣営の戦略的対中包囲網を崩すため、対外挑発に利用できるすべての資源を動員している。中共は、自由民主体制を内部から崩壊させる戦略を基本としてきた。中共は今もこの基本戦略に忠実に従っている。 
習近平の中共は、韓国に対しては、昨年の総選挙に介入したように、来年の大統領選挙でも親中派当選工作を進めている。すでに文在寅の与党候補たちは、皆が完全に親中・極左公約を掲げている。
中共は、バイデンの民主党政権も攻略している。アフガンからの撤退で失態を演じ、政権基盤が決定的に揺らぎ、伝統的友邦からも信頼を失った民主党左派は、何らかの外交成果がほしい状況だ。民主党下院議員たちは、7月20日、人道を名分に「離散家族再会法」を可決した。下院外交委も、7月末から冬眠中だった「韓半島平和法」をまた推進し始めている。
米議会の動きが看過できないのは、この動きが文在寅と金正恩が合意した「板門店宣言」など、韓半島の平和ショーはもちろん、中国共産党が追求している韓米同盟の破壊、特に国連軍司令部の解体のための整地作業と直結しているからだ。
米下院で再演された「韓半島平和法」は、文在寅と金正恩の「板門店共同宣言」と目標は同じだ。要するに、韓半島平和法は、停戦協定を平和協定に変えるもので、平和協定が成立すえば、韓半島の平和維持の装置である国連軍司令部(UNC)を維持する名分が消える。
国連軍司令部の解体は、北韓で緊急事態が発生するか中共が韓半島を脅すとき、これに対応できる最も効果的な装置が消えることだ。これは中共が望む戦略的構図でもある。

2021-09-08 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
【民団】中央執行委が実効的措置 正常...
朝総連と韓統連 利敵団体を共同運営
ソウルを東京に擬える 第5回 問屋街...
団長・議長への横暴な「辞任勧告」
ブログ記事
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
自由統一
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません