ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年08月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
世界で花開く隠れた才能
「自由な遊び心で」金定子さん

絵を描くのは小学校4年生のころから好きだった。頭に浮かんだことを、本人の言葉を借りれば「遊び心を持ってサッサッと描く」のだそうだ。そうして出来上がった作品には、誘い込まれるようなパワーとエネルギーが宿っている。創作活動を始めたのは民団の仕事が一段落した、ここ7~8年ほどのことだという。満を持しての才能の登場に、ふさわしい活躍ぶりだ。
最近では作品「道・人生」が、聖徳太子1400年御遠忌を記念した展覧会で奈良・信貴山玉蔵院大賞を受賞。さらにはパリ・ルーヴル美術館世界遺産登録30年を記念してユニオン・デ・ザール(長谷川栄代表)と美術館関係者から「永遠に輝く偉大な芸術を創造したアーティスト」として『アルチスト・ブリリアント』の称号を授与された。これまでも、スペインやモロッコなど世界の美術界から大きな評価を受けてきた金定子さんだが、パリを中心にさらなる活躍の場が広がっている。

【金定子さんプロフィル】在日本大韓民国婦人会中央本部元会長、國美藝術家協会特別顧問、美の視点評論家推薦作家大賞、仏アーツユニオン魅惑的なアート大賞ほか受賞多数。

※写真左:「道・人生」~3色の道、3つの陽光、照射される人生/写真右:地球儀「夢路」

2021-08-15 14面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
民団中央が金正恩書簡に対する談話文を発表
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません