ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年07月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【韓国映画】謗法:在此矣

殺人事件の現場で被害者と容疑者の遺体が発見される。しかし、容疑者の遺体は3カ月前に死亡しているものだった。一方、記者イム・ジンヒはラジオ番組に出演中、「自分が殺人事件の真犯人だ。生放送インタビューを希望する」という電話を受ける。インタビュー当日に現れた犯人は、生き返った死体「在此矣」による3度の殺人を予告するが…。

監督/キム・ヨンワン
キャスト/オム・ジウォン、チョン・ジソ、チョン・ムンソン、コ・ギュピル、クォン・ヘヒョ

2021-07-28 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
民団中央が金正恩書簡に対する談話文を発表
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません