ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-10-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2021年07月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
不正選挙で当選した文在寅
選挙世論操作は政治的反逆

 韓国大法院(最高裁)は21日、朴槿惠大統領の違法弾劾と大統領補欠選挙(2017年5月)を挟んでのインターネットのコメント工作で世論を操作、文在寅を当選させた「ドルキング事件」の主犯の金慶洙慶南知事に懲役2年を確定した。金慶洙は慶南知事職を失った。だが、知事当選直後起訴された金慶洙の裁判は意図的に遅らせられて任期4年のうち3年が過ぎてしまった。金慶洙の罪名は業務妨害だが、実質的には合法政府構成を妨害した反逆だ。金慶洙は文在寅の最側近で、文在寅夫婦が関与しているが、裁判では取り扱わなかった。

デジタル情報技術で自由民主主義を破壊

 ドルキング事件は、文在寅の最側近の金慶洙がドルキング一党と共謀したもの。2016年12月から17年4月間、インターネット通信会社の業務を妨害し、さらにネイバーの場合、2325のユーザ名を動員して約7万5000のニュース記事、コメント118万6000個に8833万回以上の共感/非共感クリック数を操作したことが判決で最終確定した。
ドルキングを動員した金慶洙(文在寅)の犯罪は、文在寅政権および彼らを支持した、いわゆる「ロウソク勢力」が問題とした朴槿惠政府の「国情院のコメント事件」の100倍以上の世論操作で、キングクラブなどの機械的手段まで動員した、極めて悪質な犯罪だ。金慶洙とドルキング一党が証拠を組織的に破棄、隠滅したにもかかわらず、有罪が証明されたことで、文在寅政権の政治的、道徳的正統性は終わった。だが、これは終わりではなく、真実を究明する新しい始まりだ。
ドルキング事件の最大の受益者は文在寅で、金慶洙は文在寅に代わって服役することになった。文在寅の妻の金正淑氏が大統領候補予備選挙の過程で公然とドルキングの組織である「経人先にも行こう」と言った場面、そして金慶洙が文在寅に「外郭組織の中、ドルキングという人がいる」と報告した事実は、特検の捜査と裁判の対象から除外されたからだ。
金慶洙の有罪確定は、「共に民主党」の大統領選挙構図にも影響する。文在寅の後継者として最有力だった金慶洙が2年間の服役後も5年間被選挙権が制限され、政治生命が終わるからだ。与党は金慶洙とドルキングを庇護する。彼らが朴槿惠政府に対して取った狂態を振り返ってみれば、その卑劣さを糾弾せざるを得ない。朴槿惠大統領に1日8時間、週4回の裁判を強行した文在寅は金慶洙に対しては3年の任期を許し、有罪確定後も法廷で収監しなかった。
金慶洙とドルキング一党の工作の最大の被害者である安哲秀議員は、文在寅を「泥棒政権」と怒りを爆発させた。「国情院のコメント事件」を捜査した大統領予備候補の尹錫悦前検察総長も金慶洙の背後・真犯人を文在寅と指摘。「現政権の正統性に根本的で深刻な瑕疵があることが、判決で確認された」と言った。
大統領予備候補として登録(26日)した崔在亨前監査院長も「世論操作は、自由民主主義の最大の脅威」「今回の判決で政治世論操作がこれ以上不可能になる契機になって欲しい」と言った。元喜龍済州知事は「民主主義のため戦ったと言った彼らが民主主義を籠絡した」と怒りを表明。
金慶洙と共謀したドルキング一党は、「社会経済的に財閥を代替し、企業を所有して国家と疎通する」との規約を持ち、少額株主権行使などの方法で敵対的M&Aを試みて財閥を解体、主要企業の支配所有を確保した後、彼らだけの共同体を作るなどの目標まで提示していた。「経済的民主化」として包装されたドルキングの構想は、金慶洙に報告された。彼らの主張は、文在寅政権の大企業の支配構造破壊政策と一致する。
デジタル情報技術を利用した世論操作と監視などデジタル全体主義体制の本山は中共だ。「共に民主党」は19年7月、中共党と業務協約を結んだ。共に民主党の路線は、反米・反日・親中社会主義だ。共に民主党の現在進行中の大統領選挙党内予備選挙に出馬した候補たちは皆、自由市場経済の敵意を示している。
自由民主体制への攻撃とこれに対する文在寅の沈黙、共に民主党の開き直りの図々しさは、国民的怒りを爆発させた。韓国の自由民主体制を守ろうとする愛国勢力が立ち上がっている。全国6000人の教授が参加した「社会正義を望む全国教授会」は22日、声明を発表した。右派政党の自由民主党(高永宙代表)は23日、ソウル市全域に文在寅退陣を要求する横断幕を設置した。

2021-07-28 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
民団「正常化委」15日に解散声明発表
【民団】中央執行委が実効的措置 正常...
朝総連と韓統連 利敵団体を共同運営
ソウルを東京に擬える 第5回 問屋街...
ブログ記事
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
自由統一
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません