ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-10-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2021年07月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「韓国版ニューディール事業」に46兆ウォン追加
若年層向けばらまき政策

政府は先日、いわゆる「韓国版ニューディール事業」に46兆ウォンを追加投入したことを明らかにした。昨年発表したニューディール事業の補完を理由とする政府に対し、8カ月後の大統領選挙をにらみ若年層の票を狙う大衆迎合の「ばらまき政策」との批判が相次いでいる。増額予算の概略が、現政権に背を向けた20~30代の若年層支援を目的としているからだ。(ソウル=李民晧)

大統領選挙への思惑も

政府は14日、文在寅大統領主宰の「韓国版ニューディール2・0宣言式」で、2025年までにニューディール事業に対し総額160兆ウォンの国費を投入することを明らかにした。
昨年発表された「ニューディール1・0」の当初予算から総額45兆9000億ウォンを増額した。取り急ぎ来年度予算に反映させる予算は30兆ウォンで、当初の計画より6兆8000億ウォン増額した格好だ。
政府は、ニューディール事業をバージョンアップさせた根拠について「米国など先進各国の大規模投資計画に対応するためニューディールを補完する必要がある。若者や低所得層などの社会的弱者の格差を解消するためにも不可避」と説明している。
しかし実際は、任期終盤を迎えた国政運営で主導権をキープしたい意志の表れであり、来年3月の大統領選挙に向けて若年層の支持基盤を固めるための布石を敷いたとみる向きが強い。

計画の実行性に疑問

政府が明らかにした予算執行計画の実行可能性にも疑問が残る。来年までに投入される国費の総額は、全160兆ウォンの30%程度にあたる55兆8000億ウォンにすぎない。残りの104兆2000億ウォンは次期政府に繰り越される。これにより、来年の大統領選挙で政権交代に至った場合、現政権が発表したプロジェクトの70%は推進の有無が不透明となる。
特に、今回増額が発表された若年層や社会的弱者への支援については、現在までの執行率が50%にも届かない状況だ。実際、執行の有無が不確実な状態で予算を増額することは、若年層の票を狙ったポピュリズム政策と疑われても仕方ない。
その疑問の答えは、韓国版ニューディール2・0の予算案内訳にある。来年の予算案の中で、韓国版ニューディールを構成するのは「デジタルニューディール」「グリーンニューディール」「ヒューマンニューディール(社会セーフティーネットの強化)」の3分野。このうち、政府が国費を特に増額させた分野は「ヒューマンニューディール」だ。「デジタルニューディール」の場合、8兆6000億ウォンだった当初の編成から8兆7000億ウォン以上へと増額されたが、原案とさほど差がない。
半面、「ヒューマンニューディール」は4兆3000億ウォンから9兆ウォン以上へと2・1倍増額された。炭素中立など、クリーンエネルギー支援事業を謳う「グリーンニューディール」は10兆3000億ウォンから12兆3000億ウォンへと2兆ウォン増額された。
一方、昨年発表した韓国版ニューディール1・0の今年度予算執行率は低調だ。企画財政部によると、今年5月末基準の韓国版ニューディール予算執行規模は13兆ウォンであり、執行率は59・3%。このうち、来年度予算を当初より大幅に増額した「ヒューマンニューディール」分野は48・2%と、最も低調な執行率にとどまっている。

写真:「韓国版ニューディール2・0」について説明する洪楠基経済副総理(写真=青瓦台)

2021-07-21 3面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
【民団】中央執行委が実効的措置 正常...
朝総連と韓統連 利敵団体を共同運営
ソウルを東京に擬える 第5回 問屋街...
団長・議長への横暴な「辞任勧告」
ブログ記事
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
自由統一
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません