ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年06月23日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
6.25勃発から71年 拉北被害の真相究明遠く…

16日、「真実和解のための過去史整理委員会」を訪問した「6・25戦争拉北人士家族協議会」のイ・ミイル理事長(右)
 北韓政権が引き起こした6・25南侵戦争から、まもなく71年を迎える。しかし、3回の世代交代を経てもなお、戦争責任に対する賠償には程遠い状況だ。特に、戦争中に北韓に拉致された被害者に対する名誉回復と賠償は今も叶わないままだ。
これに対し、6・25戦争拉北人士家族協議会(イ・ミイル理事長)は今月16日、抗議集会を開いた。家族協議会はこの日、国家調査機構「真実和解のための過去史整理委員会」(チョン・グンシク委員長)の事務所前で記者会見を開き、「被害者だけが存在し、加害者は存在しないとされる中、10万人に及ぶ拉北被害事件の実態的真相究明を進めるべき」と主張した。
家族協議会は「真相究明を最優先課題とし、それを基に戦時中の拉北被害者とその家族に対する名誉回復、北韓の謝罪、文在寅政府の謝罪、遺骨の発掘などが行われるべきだ。文在寅政府は北韓との関係改善を優先し、金正恩政権と複数回、顔を合わせてきた。それにも関わらず、10万人の拉北被害者について北韓に問題提起をしてこなかった」として真相究明を求めた。
家族協議会はまた、「真実和解のための過去史整理委員会」事務所を訪問し、委員長と面談する中で「『最大限努力する』との回答を得た」と明かした。
真実和解のための過去史整理基本法第2条1項3号は「1945年8月15日から韓国戦争前後にかけ、不当な民間人の集団死亡、傷害、失踪事件」について真実を究明する旨を規定している。また、5号には真相究明の対象を「1945年8月15日から権威主義統治時まで、大韓民国の正統性を否定したり大韓民国を敵対視したりする勢力によるテロ・人権蹂躙と暴力、虐殺、不審死(原因不明の死亡)」と規定している。
家族協議会は「10万人の拉北被害は6・25戦争中における民間人の不当な死亡、傷害事件、違法拉致事件だ。敵対勢力(北韓)による大韓民国国民への明らかなテロとして一日も早い真相究明がなされなければならない」とし、四つの真相究明を求めた。

 一つ、文在寅政府は10万人の拉北被害事件に対する迅速かつ完全な真相究明を行い、加害者と被害者の実態を明らかにせよ!
一つ、北韓は違法拉致犯罪を認め、謝罪せよ!
一つ、文在寅政府は北韓地域にある拉北被害者の遺骨発掘を即推進せよ!
一つ、文在寅政府は拉致被害者遺族に謝罪し、再発防止策を講じよ!

2021-06-23 3面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
【BOOK】『モーメント・アーケード...
民団地方本部で役員改選 15地方で開...
国会独裁を放置するか解散するか
韓自協 政権交代を機に発展的解散
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません