ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年05月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
世界から愛される韓日マンガ文化
両国の強み活かしてタッグ!

(左)韓国の『光と影』©WebtoonGuide Corp.(右)日本の『鬼滅の刃』©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
 韓国のウェブトゥーン、日本のマンガ・アニメーションは、いまや世界中のファンに愛され親しまれている。それぞれに技術を高め、独自のスタイルに発展してきた両国のマンガ文化。双方の強みを活かしたタッグが進みつつある。

 世界が認識している日本文化は、マンガとアニメーションを抜きにしては語れないだろう。海外では子どもだけのものとされてきた文化を、大人の世界にまで広げたのが日本マンガの特徴である。しかし、好まれるマンガはそれぞれの国で異なる。多様なニーズに応えられる内容の作品が多数あったということも、世界に広まった大きな理由の一つだ。雑誌に掲載されコミック本が出され、テレビアニメが放映される―と続くのが日本におけるヒットマンガの王道だ。
一方、韓国では「梨泰院クラス」など人気ドラマの原作として注目を集めたウェブトゥーンが、デジタル・通信技術の向上に後押しされる形で世界に広まった。日本マンガには、スピード感のある動きや詳細な風景描写などを、見開きページを利用して見せるスタイルがある。そのため電子化した場合でも横スクロールとなるのが一般的だ。それに対して、ウェブトゥーンは縦スクロールでスマートフォンなどとの相性が良い。印刷する必要もないためカラーページが豊富だ。
フランスの「デリトゥーン」(2019年韓国企業が買収)は先月、昨年の売り上げが100億ウォンを突破したと発表した(前年比約230%)。全体の売り上げの99%が韓国の作品だという。同社は、パリ市内の地下鉄内の通信環境が整備されたことが、ウェブトゥーンの売り上げを後押ししたと分析する。韓国ウェブトゥーン業界は、今後フランスに続き欧州最大のマンガ市場、ドイツに進出する予定だ。

韓日が共同でアニメ配信


SONY系列会社とNAVER WEBTOONが手を組んだ初のアニメーション『神之塔』©Tower of God Animation Partners
 日本企業が、韓国ウェブトゥーンのアニメ化に注力するようになった。特に力を入れているのがSONYだ。昨年の春から「NAVER WEBTOON」の人気作品『神之塔』『ゴッド・オブ・ハイスクール』『ノブレス』の3タイトルを次々とアニメ化し、韓国、日本、米国で同時に配信した。特に『神之塔』はK―POPアイドルが主題歌を歌うなど、韓日の強みを生かしたタッグとなった。これまで韓国ウェブトゥーンを読んでこなかった日本のアニメファンからも、原作に関心が寄せられ、今後のコラボに期待が高まっている。

2021-05-19 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
検証 第76回定期中央委員会(中) ...
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
不正選挙の巨大ダムが崩れ始めた
民団中執委 監察機関への辞任勧告を決議
李壽源団長が再選 東京本部大会
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません