ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2021年04月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
NHKの偏向浮き彫りに 「留学同」の背景伝えず報道

3月31日付の朝鮮新報。留学同京都の制作と明記されている
 NHK京都は3月25日、「”在日コリアンとして生きる”映画で伝える」とのタイトルで、自主製作映画を作成する在日朝鮮人の大学生たちを取材した内容を報じた。
今回の報道を通じ、NHKの偏向的な姿勢が改めて浮き彫りとなった。ニュースでは「京都の在日コリアンの学生たち」とのみ紹介され、一切触れられることはなかったが、彼らは朝総連の傘下団体である、留学同(在日本朝鮮留学生同盟)京都に所属している学生たちだ。この情報があるかないかでニュースの性質が180度変わる。
留学同は日本の大学に在籍する在日朝鮮人などを勧誘し、親北思想に染めていくことを主目的とした団体だ。そのほか、朝青(在日本朝鮮青年同盟)などと共に民団に対する統一戦線工作も活発に行っている。
2017年には、当時の朴槿惠大統領の退陣を求めるデモが、東京の韓国大使館前や新宿などの繁華街で行われた。反国家団体に認定された韓統連(在日韓国民主統一連合)と共にデモ隊の中心となったのが、この留学同だ。
留学同京都の自主製作映画は、21日に行われた「青年・学生が考える『朝日友好』ってなんだろう?」という、留学同京都が主催した講演会の中で発表されたものだ。この日の講演は、板垣竜太・同志社大学教授が講師を務めた。板垣教授は昨年11月、文部科学省に朝鮮大学校へ学生支援給付金の支給を求めた要望書を提出した。
NHK京都はこのような背景を一切説明せず、「差別に立ち向かう在日コリアン」のような枠で切り取って報道している。偏向報道を超え、印象操作と言っても過言ではない。
評論家の三浦小太郎氏は、この件に関して「ニュースの映像だけ見れば、大学の映画サークルなどで上映されたものかと思うような構成になっている」とコメントした。
同氏は、「朝総連は個人のアイデンティティではなく、日本社会におけるマイノリティであることを明言しなければ価値がない。そうした『日本に対抗する者』としての被差別意識を政治的に利用する試みは目新しくもない」と評した。
ただし、「この件について一般人よりもはるかに理解が深いはずのNHKが、全ての背景を伏せ、こうした政治運動を公共の電波で流し、”在日の声”とするのは、報道としておかしいと思う」と苦言を呈した。

2021-04-07 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
NHKの偏向浮き彫りに 「留学同」の...
【寄稿】臨時中央大会開催を求める趣旨...
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、2億円を朝総連へ送金
日朝間の首脳会談は可能か
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません