ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年03月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人言(ひとこと)

「沈黙するのは共犯と同じ」―転換期正義WG シン・ヒソクー

国際人権団体である転換期正義ワーキンググループ(TJWG)で法律分析官を務めるシン・ヒソク氏は23日、今月30日に発効される「対北朝鮮ビラ散布禁止法」について、「情報流入が遮断された北朝鮮にビラを送るのは保護する価値が大きい行為」とし、「表現の自由を阻む措置は、独裁と民主国家の壁を崩すもの」と指摘した。
同氏は、「特に北朝鮮に関連した人権イシューに沈黙するのは、韓国も共犯になるのと同じ」として、韓国政府に対し厳しい意見を述べた。

「未来世代のための政策を」―高麗大学元総長・廉載鎬―

高麗大学名誉教授で、同大学の元総長でもある廉載鎬氏は24日、「政治は未来に対するビジョンを提示しなければならない。政治家は明日の社会を担う未来世代のこともよく考えなければならない。大学生も有権者だ」として、ソウル市長補欠選挙に言葉を寄せた。
同氏は、「与野党候補の公約からはソウル市を暮らしやすい都市にするというビジョンが見えにくい」として、「少なくともソウル市に100万人はいる大学生を支援することに無関心なのは残念だ」と述べた。

2021-03-31 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
NHKの偏向浮き彫りに 「留学同」の...
【寄稿】臨時中央大会開催を求める趣旨...
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、2億円を朝総連へ送金
日朝間の首脳会談は可能か
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません