ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年03月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国の「気になる」YouTube 「私の息子ハンター」

朴商厚の文明開化/ 解説者:朴商厚(元MBC北京特派員、月刊朝鮮客員コラムニストなど)
不正ビジネス取引や不倫が蔓延しているファミリーの一員、ハンター・バイデンの生きざまを描いた映画『My Son Hunter(私の息子ハンター)』が今年の夏から米国で製作予定との話題を取り上げる。映画のポスターには、ジョー・バイデンとハンターの間にある星条旗の星と中国共産党の五星紅旗が重なって描かれている。映画は、隠された真実を追うドキュメンタリーとしてだけでなく、エンターテインメントとしても満足できる作品を目指す。興味深いのは、プロデューサーがこの映画を製作するに至った過程、ハンター・バイデンを演じる俳優の背景などだ。そのほか、台湾、中国のニュースを解説している。10分06秒。
https://www.youtube.com/watch?v=tnQZah1bymw

2021-03-31 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
NHKの偏向浮き彫りに 「留学同」の...
【寄稿】臨時中央大会開催を求める趣旨...
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、2億円を朝総連へ送金
日朝間の首脳会談は可能か
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません