ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2021年03月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
現代自グループ、中国で苦戦
20年業績、大幅ダウン

 現代自動車と同社の子会社である起亜は10日、両社の中国法人「北京現代」「東風悦達起亜」の2020年の業績を発表した。
それによると、北京現代の売上高は19年の10兆2056億ウォンから大幅に減少し6兆8729億ウォン。営業損失は5234億ウォンから拡大し1兆1520億ウォンとなった。
一方、東風悦達起亜の売上高は19年の3兆7637億ウォンから3兆5887億ウォンに小幅減少し、営業損失は3120億ウォンから6499億ウォンに2倍程度増加した。
現代車・起亜の中国での不振はTHAAD報復が本格化した2017年に始まった。中国国内で韓国製品不買運動が広がり、現代車と起亜の販売台数が急減した。昨年は武漢コロナウイルス感染拡大の影響もあり、両社の売上高は4年連続の減少となった。

2021-03-17 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
NHKの偏向浮き彫りに 「留学同」の...
【寄稿】臨時中央大会開催を求める趣旨...
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、2億円を朝総連へ送金
日朝間の首脳会談は可能か
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません