ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年03月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
古代史万華鏡クラブ 「韓半島への諸民族の侵攻」
第12回 紙上勉強会
講師:勝股 優


外圧の脅威にさらされなかった日本列島

 今回はまず地理の勉強から。下の地図を見てもらいたいが、天地を間違えたわけではない。これは富山県が作った環日本海諸国図という逆さ地図だが、私には普通の世界地図とはまったく異なる印象で新鮮に見える。日本海が黒海のような内海のようで(大きな湖にも見える)列島がほとんど大陸と繋がっているようだ。
「目の錯覚」と思う人もいるだろうが、対馬や九州と朝鮮半島の近さ、サハリン・北海道・大陸との繋がりがよくわかる。古代の地形とは若干の違いがあるだろうが、列島はけっして海で隔てられた島国ではないように見える。逆さ地図で大陸との近さをわかってもらおうと思ったしだいだが、この近さゆえ濃密な交流があったことが改めて理解できる。
しかし半島に目をやると近接した倭(日本)、そして地続きの大陸北方に住む異民族や西方の漢族との絶え間のない接触と軋轢があり、苦難の歴史ともいえるものであった。
富山県は環日本海文化に着目して日本海を通じた諸国間の交流を追求している。日本列島をユーラシア大陸から見る形で作られた地図は話題を呼んでいる(この地図は富山県が作成した地図を転載したものである)
 半島への諸民族の侵攻の歴史について作家の金達寿氏の著作から興味深い文を見つけた。「歴史上、半島に侵攻した外圧を朝鮮の歴代正史から数えたら、なんと九○○回を超えた」というものだ。周辺異民族や漢族の侵攻はもちろん、古代の倭や中世の度重なる倭寇、秀吉の文禄・慶長の役もカウントされているはずだ。
3世紀末には異民族が華北に十六の王朝を作る事態に至った。五胡十六国だ。五胡とは匈奴、羯、鮮卑、美、氐を指す。そのほか烏丸や扶余、濊貊などもいた。時代は違うが突厥もいた。ツングースや蒙古族はもちろん、トルコ系やチベット族などの騎馬・狩猟民族が半島の周辺を闊歩していたのだ。いかにも怖そうだ。高句麗、百済、そして新羅も異民族の濊貊族(もしくは扶余族)が支配したということは歴史的事実だ。
7世紀半ばの新羅には、善徳女王が建立した皇竜寺に九重塔があったという。日本の五重塔を例にあげれば、各層は”地・水・火・風・空”という仏教的宇宙観を表すのが通例だが、皇竜寺の九重塔は全然違ったようだ。
高麗期に書かれた史書、『三国遺事』によれば、隣国からの災いを防ぐ守護として建てられたもので、下から災いの重い順に並べられているという。
・一層は倭(ヤマト)・二層は中華(唐)・三層は呉越(中華の華中、江南)・四層は托羅(済州島)・五層は鷹遊鶯遊山(中華江蘇省の勢力)・六層は靺鞨(中華東北部の満州族)・七層は丹国(中華東北部~中央アジアの契丹族)・八層は女狄(女真族)・九層は濊貊(半島~中国東北部の種族)という九つの敵だ。
不思議なのは半島で敵対していた百済や高句麗が入っていないこと。争いながらも時として同盟を結ぶこともあったことを配慮したのかも。また既に存在していない国もあるが、これは過去のいまわしい恐怖体験からなのだろう。いずれにせよ新羅だけに限っても、その脅威、敵の多さは古代の半島のおかれた地理的状況による困難さを表すものだ。
それに比べれば日本はなんと平和であったであろうか。記録に残る外圧といえば誰でも知っている文永・弘安の二回にわたる元寇の役のほかは一〇一九年の刀伊の入寇(ツングース系の女真族の一派が五十隻の大船団で壱岐、対馬から筑前、備前一帯まで侵攻した事件)や、9~11世紀に新羅や高麗の海賊が二十数回、九州を小規模に襲撃した事件。さらには室町時代、李氏朝鮮が倭寇退治のために一万七千の兵で対馬を襲った応永の外寇くらい。回数でいえば半島の九〇〇回に対して三〇回以下程度だ。被害は九州に限られ、古代から近代まで日本は半島に攻め込むばかりだった。
刀伊の入寇では殺戮もあったが侵略の目的は人狩り。千三百人もの日本人男女が拉致されたというが、高麗国が帰途の刀伊を撃退して、二百五十九人を救出し、送り返してくれたという美談が歴史に残る。また対馬の役人長峰諸近は連れ去られた母や妻子を探すため単身高麗に渡り、母たちの死を確かめると同時に高麗に救出されていた女たち十数名を連れ帰ったというドラマチックな記録もある。
内海のような日本海を中心にして、まるで周囲の国々が繋がっているかのような環日本海諸国図を見て、私は外圧が厳しかった古代の半島の歴史に思いをはせた。

【講師紹介】勝股 優(かつまた ゆう)自動車専門誌『ベストカー』の編集長を30年以上務める。前講談社BC社長。古代史万華鏡クラブ会長。奈良を愛してやまない。

2021-03-10 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
NHKの偏向浮き彫りに 「留学同」の...
【寄稿】臨時中央大会開催を求める趣旨...
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、2億円を朝総連へ送金
日朝間の首脳会談は可能か
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません